1月31日〜『買い替え』よりも『リフォーム』の選択、賢いかも〜                        
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ウィリーの晩ご飯 ◆ウィリーのリビング ◆愛犬ウィリーとおでかけ ◆ウィリーの旅日記 ◆ウィリーの気まぐれ日記             
◆トップ ◆レッスン案内 ◆レッスン予定 ◆レッスン風景 ◆今までのメニュー ◆レシピ ◆プロフィール ◆ウィリーのひとり言 ◆メール            
           
今日はレッスンお休みの日。                
けど、ダンナがインフルエンザでダウンしたので、私の予定表も朝から空っぽ状態。                    
「さぁ、何して過ごそう??」               
午前中は、冷蔵庫の大掃除を兼ねて常備菜作り。       
残り物みたいな食材が、キンピラ・南蛮漬け・煮物など、ちゃんとした惣菜に大変身。               
1月23日〜『じゃが彩』と書いて『ジャガイロ』と読む〜                            
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
皆様に御心配をお掛けしました、愛犬ウィリーの病状ですが・・・。                 
「アレはナンやったん??」と言いたくなるほど、健康体に戻りました。               
もうしばらくの間、神様は私達と愛犬ウイリーを一緒に過ごさせてくれるみたいです。              
『じゃが彩』は、北海道限定『じゃがポックル』に負けず劣らずの珍味じゃよ。
我が家の常備ツマミになってしまいました。           
ジャンキーな食べ物ほどウマイのでごじゃるなぁ〜。       
1月20日〜守り続けたいのは所詮ちっぽけなモノ〜                            
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
常に前向き上り調子で頑張り続けた日々からポ〜ンと飛び降りる勇気。                 
築き上げたモノ、慣れた生活リズムを手放すのは怖いけど、飛び降りた地点から、今まで見えなかった新しい何かが始まる気がして・・・。                                           
この散歩に出かける数日前、愛犬ウィリー君が一時危篤状態になりかけたのです。                 
今は、すっかり元気ピンピンですが・・・。       
早朝、タオルケットに包んで、阪急タクシーを呼んで、かかり付けの獣医さんの所に着くまで、私の頭の中では色々な思いが浮かび上がりました。               
極限状態に置かれると、人って一番大切なモノが見えてくるんですよね〜っ。                  
結婚直後、西宮で阪神大震災に遭った時、「ダンナと一緒に生きていられたら何もいらない」と思ったのと同じ様にね・・・。                        
人生の節目、ターニングポイントを探りながら生きるクセがある私。                       
40歳になった今年は、いよいよソノ年なのかもしれないわ。                         
1月18日〜スンドゥブチゲはマシッソヨォ〜っ!!〜                            
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
アジアな色使いが可愛いタイ製カップ&ソーサーで、食後にお出ししているのは『五味子茶』です。       
『ねぇねぇ?ワタシんちでチゲパーティーしない?』をテーマに、以前紹介したコリアンメニューのレシピを少しだけアレンジしてます。       
テーブルセッティングも、毎度の事ながら自己流で適当に楽しくさせてもらってます。                             
強いて言えば、『スタイリッシュなチゲパーティー』を表現したとでも言っておきましょうか・・・。         
1月16日〜団塊世代のキッチンリフォーム〜                            
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
前回は、箕面にあるナショナルリビングショールームでイベント開催されました。詳しくはコチラ            
次回、サンウェーブ大阪北ショールームでのテーマは、『団塊世代のリフォーム』だそうです。             
バリバリ働いていた仕事をリタイアしてセカンドライフを楽しむ男性の為のキッチンリフォーム。            
そーゆー人生の楽しみ方ってイイですよね〜っ。                                  
シニア男が愛する妻の為に、厨房で腕の筋肉と血管を浮き立たせフライパンをあおっている姿・・・。          
たまらなくセクシーやんっ♪                                           
簡単な打ち合わせと下見を済ませたら、ホテル日航茨木で中華ランチをいただきながら、アラキ建設の社長、そしてイベント企画提案をしてくださっている方と、商談と言うよりは井戸端会議。
年代が近い女性同士なので、世間話のポイントも同じ。    真剣に頑張っている女性達との出逢い・・・。        
微力ながらも、私に出来る最大限のお手伝いがしたいと思っています。                          
座って喋り捲っているだけで美味しい料理がいただけるケータリング。        
主婦にとって、こんなに贅沢な時はありませぬよっ!                
最後に・・・Grueさんお手製のガレット・デ・ロアで運試し。          
フェーブが入っていたラッキーマダムは誰???                  
細かいインテリアにまで、sionさんのこだわりが感じられる素敵な空間です。       
本日会場を提供してくださったのはsionさん。   
恋愛について・・・・                    
「なぁなぁ?どんなタイプが好き??」とか、         
「俳優の○○って、生理的に受け入れられへんわぁ」とか。   
仕事について・・・                     
「40過ぎてオンナが頑張ろうと思うたらしんどいわ」とか、  
「一年間だけ完全無職でボーッとしてみたい」とか。      
その他色々・・・                      
ココでは言えないような話ばかり。  
毎度の事ながら、よく飲みましたね〜っ!              
新年第一回目の飲み会は、こんな景色が望めるマンションで開催されました。       
本日のメンバーは、昨年末『キッチン・コトコト』忘年会と同じ顔ぶれ。         
40代の悩み多き頑張る女4人でございます。                     
●アンチョビポテトサラダ        
●ハム数種の盛り合わせ         
●シーフードマリネ           
●牡蠣せんべい             
●チーズスティックパイ         
●リーガロイヤルのピラフ        
●ブルーチーズペンネのグラタン     
1月6日〜脂ノリノリな40代オンナ新年会〜                            
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
〜今年初めの出来事〜    
年末年始報告おしまい        
皆様にとって幸せな一年になりますように        
そして、そのままダンナの実家に立ち寄って新年のご挨拶。                              
コチラでもまた食べきれない程の御馳走がズラーッとテーブルに並んでいて、お客さん状態の私達夫婦は遠慮なくガンガンいただきました。                                                   
運転手のダンナはノンアルコールビールを不味そうに飲んでるっちゅーのに、その隣で出来の悪い嫁は手酌で缶ビールを3本ほど飲み干し、お寿司やら黒豆やら他にも色々とお土産もいただき大満足♪                        
エエ年のオッサンとオバサンになっているのに、何処と無くパラサイトな感じを反省するのでありました。         
帰省渋滞を避けるように考えて早めに出発しても、必ず渋滞にハマルのが神戸ジャンクション辺り。     
自宅がある宝塚が目前というタイミングで、抜け出せないノロノロ運転が続く。               
ちょっとイラっとするけど、この渋滞も帰省ムードを高める為に少しは必要だったりしてね。         
色んな場所に戻って行こうとする他府県ナンバーの車を眺めているのが好き。             
荷物を車に積み込んで、実家の愛犬フックちゃんにも挨拶を済ませたら出発です。      
今度会える時まで、その笑顔がこの場所にありますように・・・              
チチ・ハハ元気でねっ!          
揚げたてをアルミホイルに包んでくれます。        
梅干おにぎりも一緒にね♪  
コッチに着いてホイルを開いた時、まだ温かったりすると嬉しいわけよ。         
私以上に、ダンナは母が揚げる『ヒレカツ』の大ファンなのです。            
今年は大量に作ってくれていた『おでん』も持ち帰ったので、数日は田舎の余韻を楽しめそうやわっ。          
心も体もユルユルになれる生まれ育った場所での正月休みは居心地良すぎて・・・。        
もう少しココに居たかったんだけど、ダンナの仕事初めが1月4日からなので、1月2日の昼には実家を出発です。                 
母が「向こうに着いたら食べなさい」と言って作ってくれる『ヒレカツ』。            
なんて事のない普通のカツだけど、持ち帰って自宅で食べるとコレが妙に美味いのよぉ〜〜〜っ!!   
そして、食後も焼酎ロックを楽しむ。           
今回の帰省用に買った一升瓶の米焼酎を夫婦2人で飲み尽くしちゃったよぉ〜っ。                   
年末からずっと飲み過ぎなので、休肝日作って肝臓を休めてあげなきゃね。                       
『盆と正月がいっぺんに来たみたい』とは、こんな時に使う言葉でしょーっ。             
朝っぱらから贅沢な食事をいただき、ビールも焼酎も浴びるほど飲んで一日中ゴロゴロ。        
日が暮れたら1キロの霜降り牛肉をシャブシャブにして父・母・ダンナ・ワタシの4人でペロリと平らげちゃった。                    
朝寝坊な娘に戻った私が手伝ったのは、雑煮のダシ作りと飾り用の南天を庭から切って持ってくる事のみ。        
あっ、ローストビーフは私が作ったものやし、盛り付け全般もやりましたわ。       
紅白歌合戦をボーッと見ていたら2007年は過ぎて行きました。            
そして、明けて新しい年に初めていただく食事は、母の愛がこもった御節。        
1月2日〜本年もどうぞよろしくお願いいたします〜                            
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
巨大おでん鍋の向こうに見えているのが、秘伝の味を生み出したゴッドファーザー          
海辺の田舎町なので、帰省した時は必ず新鮮な魚介類を用意してくれてます。          
ナマコ酢と造り盛り合わせ、そして『父秘伝のおでん』も忘れちゃいけない定番。        
介護が必要な体になってしまった父は、今じゃ自分で作る事もレシピを私達に教えてくれる事も出来なくなってしまったけど、見よう見まねで母が秘伝レシピを再現。               
父の味に近くって、『カーチャンおでん』も美味ざんす♪                   
味は少し変化しても、巨大おでん鍋だけは父から受け継いでずっと使い続けています。      
おでん以外にも父秘伝レシピは多数あり、ウィリークッキングでも紹介した『ポークチャップ』や『ロコモコ丼』のハンバーグも、私が子供の頃に作ってくれた父の味がベースになっているんです。        
ダンナ実家にローストビーフを届けたら、そのまま高速を激走して私の実家がある岡山へ到着。                          
〜昨年末の出来事〜    
それでは、ウィリー家の年末年始の出来事を暇つぶしに御覧くださいませ。            
石油ストーブの虜になってしまった愛犬ウィリー君/岡山実家にて          
2008         
A Happy New Year        
始まったばかりの一年だけど、また恐ろしくザーッと流れて行ってしまいそうな予感。         
今年の自分目標は、「流れに逆らって思いっきり方向転換してみたいっ!!」でございます。      
さぁ、どこまで実現出来るかな? 
皆様、新しい年をいかがお過ごしですか?               
ただ単に日が暮れて明けただけなのに、年が変わると心機一転「今年こそっ!」と意気込んでしまいます。   
ローストビーフのレシピは、以前に教室でも紹介しました。                   
美味しく作るポイントは、とにかく肉質にありっ!                       
その他には、80℃で保温する事と千切り野菜をたっぷり添える事でしょーか。          
「アレは美味しい!」と、ダンナ父が絶賛してくれる私の千切り野菜。              
そー言われりゃ、嫁としては嬉しくって舞い上がるわさーっ。                  
千切り野菜材料は、大根1本・きゅうり2本・ラディッシュ10コ。                
もちろんスライサーなんぞは一切使わず、包丁一本で気合切りでございます。           
特にローストビーフの肉には、ウィリー家のこだわりがあって『イチボ』限定っ!                       
牛一頭から2キロ足らずしか取れない部位なので、店のお兄ちゃんに脅迫めいた注文の仕方で早めにお願いしときます。       
「出来るだけキレイな柵取りで良質なんをお願いなぁ〜っ!質が悪かったらイランからっ!!」と。               
脅迫の成果あり?で、今回も最高にトロケました♪       
ココの店で扱っている千屋牛は、値段の割りに肉質が良いの。  
ほんでも・・・和牛2.2キロも買えば3万円だじょーーーっ。  
年金で細々と田舎で暮らしている両親への親孝行やと思えば安いもん??                    
生徒さんから「ウィリーさんちの御節料理ってどんなんですか?」と、よく聞かれます。          
日本の伝統食文化を無視するのはイケナイけど、御節料理って好んで食べたいモノが無いので自分では作りません。                       
その代わりに・・・毎年恒例でドッカーンとシンプルに肉を購入します。                 
ローストビーフ用に1.2キロ、しゃぶしゃぶ用に1キロ。
いつもウィリー夫婦が焼肉でお世話になっているココで注文しておくのです。              
その素敵なコーディネートが一段と映える御馳走の数々。           
Grueさんのエレガントで女性らしいセンスが表現されたテーブルコーディネート。       
自宅で優雅にケータリングパーティーだなんて♪                           
Grueさんからお誘いメールをいただいた時からワクワクよん。                  
本日集まったメンバーは、コノ方コノ方コノ方コノ方や、他にもパンの先生がっ!        
タダ者じゃない主婦大集合って感じです。。                             
1月8日〜優雅にケータリング新年会〜                            
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
サンウェーブ大阪北ショールームで2月に開催予定の、アラキ建設主催『キッチンから考える家づくりセミナー』で、料理講習会を担当させていただく事に。          
打ち合わせを兼ねて会場設備のチェックに行ってきました。
打ち合わせソッチのけで、最新のキッチンにキャーキャー言ってしまいます。                   
正月気分もすっかり抜けて、フツーに頑張る日々が始まりました。    
1月レッスンも始まり、フル回転労働しております。          
寒さが厳しい時期に、わざわざコチラまでお越しいただける事、     
心より御礼申し上げます。                      
先週末、西宮ヨットハーバーで愛犬ウィリー君を連れてダンナと一緒に散歩。                       
ナンでもない日常の出来事だけど、この日ばかりは幸せを噛み締めずにはいられませんでした・・・。        
『ビール飲み過ぎ夏太り』して、『食欲の秋太り』して、『年末年始のヤケクソ太り』して・・・現在に至る。    
私の体にのさばり付く贅肉野郎っ!これからも仲良く付き合っていこうじゃねーのっ!!!!            
昼過ぎからは、久し振りにパンでも焼こうかと思っていたんだけど・・・。             
ふと、テレビをつけたら、NHKのBSチャンネルで『関口知宏スペシャル 全部見せます!日中欧鉄紀行』をやってたっ♪                                      
ソファに座ったまま数時間ほとんど動けなくなってしまい、真昼間からワインをチビチビと。     
中国を列車で旅する関口知宏さんが大好きで大ファンなのよぉーっ。                
日本で暮らしてる普段の関口さんには全く興味ナシやけど。                   
5年前に訪れた中国。    
北京・上海の表面をサーッと舐めただけの目次旅行だったけど、楽しかったなぁ。           
北京にある、胡同(フートン)と呼ばれる下町の路地。                  
長屋みたいな北京の伝統的な住居で暮らしている一般家庭におじゃまして、部屋の中全部見せてもらいました。                                    
住民の方に水餃子を教えてもらう料理教室なんかもあったりして・・・。           
中国製品のイメージってガタ落ちだけど、旅する国としての中国は魅力的。           
もしまた中国に行けるならば、素朴でディープな場所を旅してみたい。          
明日の日曜日も、スケジュール表は空っぽ。                           
午前中はパンでも焼いて、午後からは売る程ある食器の大処分をしようかな〜〜?          
1月26日〜フラフラと旅するオトコは格好いい〜                            
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
1月28日〜トゥッペギでグツグツ煮ながら食べるのも美味〜                           
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
1月27日〜1つ食べたら、あとは全部冷凍保存しとこっ!〜                           
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
『ナショナル・三ツ星ビストロ・スチームオーブンレンジ』の使い心地について、チト意見を言わせてもらうと・・・。        
全体的には気に入っていますが、スチーム機能は必要無いかも。  
もちろん便利な時もあるけど、別に無くてもエエやんって感じ。
フツーの焼きそばを作るのに、スチームオーブンだと加熱時間約20分となっ!!                         
ガス火でジャジャッとやってしまえば、5分足らずやのにね。   
焼きたてパンは、ナンボでも食べられるから危険っ!!!!!!          
1つだけ食べたら、後はラップに包んで冷凍保存しときましょ。         
全粒粉を多めに配合して、レーズンと胡桃をドッサリと。
 
相変わらず、スプーン計量の適当レシピですが、まぁ普通に美味しく焼けました。           
去年の夏に、15年以上使い込んだオーブンレンジをスチームオーブンに買い替えてから、まだ一度もパンを焼いていなかったので試し焼きしてみました。              
ウィリーさんちの定番ヂゲスープ、具を変えたり食べ方を変えたり出来るので、アレンジの幅か広いですよっ!
レッスン試食分は、スープ仕立てにして召し上がっていただきます。     
チゲパーティーもいいけど、汁物として地味に食べるのもオススメです。   
白ご飯にブッカケると美味ざんす♪        
今月は、『ねぇねぇ?ワタシんちでヂゲパーティーしない?』をテーマにしたレッスンですが、あくまでも、作り方を覚えていただく教室なので、テーブルにコンロを置いて実際にチゲパーティーはしませ〜ん。            
1月30日〜ウィリーと私の10の約束〜                           
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
冬場の部屋って乾燥しますよね…                       
気管支と肺が弱いウィリー君の為に加湿器を買いました            
効果の程はわかりませんが、マイナスイオン発生装置付きです         
犬溺愛家の皆様は、とうの昔に知っていたと思いますが、『犬と私の10の約束』が映画化されます。       
本も映画も悲しすぎて直視出来ないけど、                                  
先日、とある場所で映画告知ポスターをジーッと見ちゃった・・・。                      
「ソレ何なん???」と言う愛犬家の方、                                  
今すぐに、ココの『犬の10戒って?』をクリックしてくださいっ!!                     
10番目のメッセージを読み終えた時、懺悔の気持ちでいっぱいになりました。                 
「ワン!」としか言えない大切なパートナーに、心から謝りました。                      
「今までずっと、自分勝手な愛情表現ばかりでゴメンネ」と・・・。                      
今年で、愛犬ウィリー君は11歳になります。                                
2月10日(日)11:00〜13:00/サンウェーブ大阪北にて、アラキ建設主催の『サンウェーブキッチンフェア』が開催されます。                                                 
その中のイベントとして、ショールーム最新キッチンを使った料理講習会を担当させていただく事になりました。     
今回のテーマは、『家族が喜ぶ男前な韓国料理料理!』です。                            
荒木社長と打ち合わせの際に色々とお話させていただいて、定年退職後の団塊世代をターゲットに、メニューを決めました。
定年後、時間を持て余すようになった御主人がハマル趣味の一つが料理。                       
これからの時代、キッチンリフォームに憧れるのは女性だけじゃなく、オトコだって格好良くシェフ気取りでウチ料理を楽しんでみたいのではないでしょうか??                                       
ただ・・・妻好みに荒らされた?ごちゃごちゃ乱雑なキッチンだと、ヤル気も失せますよね。               
築数十年経った愛着のある古ボケた我が家をチョッとしたリフォームで気分一新っ!                  
心までスッキリ新たにセカンドライフを楽しんでみませんか?
決して安くないリフォームを依頼する業者選びって、最重要ですよね〜っ。                  
見かけばかり良くって使い勝手が悪いキッチンなんて最悪・・・。                      
やっぱり、キッチンリフォームは身をもって日々体感している女性のアドバイスが欠かせない。         
その点から言えば、荒木社長は最高のアドバイザーですっ!!                         
打ち合わせ途中の会話でも「○○のキッチンってどうなんですか?」と私が質問すると、メリット・デメリットを的確に答えてくれるんです。                                        
儲け最優先の腹黒い?オッチャン社長と違って、日常会話的に本音を語ってくれるのが嬉しい。         
ちょっと大袈裟かもしれないけど、リフォーム業者選びと結婚相手選びは似ているような気がします。      
「してしまったらおしまい」じゃなく、その後の暮らしが大切。                       
見た目の派手さだけに惑わされて相手を選んでしまうと、後で痛い目に遭うかも??               
まだ『サンウェーブ料理教室』に空席がありますので、具体的じゃ無くても「プチリフォームしてみたいな〜」という方は、是非コチラにお申込みくださいっ!!                                
料理知識の無い男性でも作れるメニューぱかりなので、オトコハンの参加をお待ちしてますえーーーっ。     
余談・・・。                                              
我がマンションのキッチンの色が大っ嫌いな私・・・ココを新築で買った10年前からズーッとっ!!!     
永住する気が無いので、自分好みのリフォームなんてしませんが、                      次、関西圏で永住地に出合えたならば、荒木社長にプロデュースを一任したいと思っています。        
こんな感じのメニューを紹介します。    
簡単で美味しいモノばかりです。      
是非お越しくださいませっ!!