6月29日〜オンナの敵も見方もオンナ〜                              
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ウィリーの晩ご飯 ◆ウィリーのリビング ◆愛犬ウィリーとおでかけ ◆ウィリーの旅日記 ◆ウィリーの気まぐれ日記             
◆トップ ◆レッスン案内 ◆レッスン予定 ◆レッスン風景 ◆今までのメニュー ◆レシピ ◆プロフィール ◆ウィリーのひとり言 ◆メール            
もうすぐ7月だなんて…ナンでこんなに時の流れが早いんやろう?                        
また今年も、ウダウダと発展性の無い事を言いながら終わっていくのかしら。                   
とりあえず、毎日相変わらず午前・午後2レッスンを続けています。                       
40歳になった今、早朝から深夜までの肉体労働は正直言ってキツイです。                    
けどけど、そんな弱気なグチは言ってられへん−っ!   
雨降りで外出するのが億劫な時期に、不便な住宅街にある教室にお越しいただく生徒の皆様には、言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです。               
本当に本当に、心より御礼申し上げます。        
6月25日〜パエリア食べてフラメンコに酔いしれたバルセロナ〜                              
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
『サフランライス・パエリア風』や『豚と夏野菜のサルサベルテソース』は、ウィリーさんちの定番メニュー。 
パエリアの作り方は以前に2度ほど紹介しているので、今回は少しアレンジしてますが、仕上がりはサフランの風味が効いた本格的なものにしていますよっ!。                              
天才建築家ガウディが昔っから大好きで、10数年前に訪れたスペイン・バルセロナ。            
地下鉄を乗り継ぎ、細い路地にある朽ち欠けた住宅街を歩けば…。                     
当たり前のようにガウディの建築物が溶け込んでいる、芸術的な街並みに感動したものです。         
モンジュイックの丘にあるミロ美術館も印象的やったなぁ〜っ。                      
スペイン…もう一度訪れてみたい国リストに入ってます。                         
「クソ暑い時期に手の込んだ料理は作りたくないのよね…」     
皆様の貴重な御意見を重視してレシピ作りしました。         
だから、どれもこれも簡単に美味しく作れちゃいますぞよ。     
6月22日〜梅雨真っ只中の休日に梅田界隈を歩き回る〜                              
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
ランチは第2ビルB1にあるグリル北斗星で。                            
ココのスープカレー、病みつきになる旨味で大好きっ!!                       
本日のセレクトはチキン。                                     
ダンナが注文したのは、トルコライス。                               
トルコライスとは、ドライカレーのオムライスにポークカツとドミグラスソース。            
瓶ビール2本と一緒に流し込みゃ、すんごいボリュームでお腹パンパンだわさっ。            
上の遠回しな表現の文章を読んで、「何の事ゆーてんのか全然わからんっ!!」とイラチ満開になってる方がいらっしゃいましたら、ほんまゴメンなぁ〜っ。                                         
ビビッとくる相手が見つかって婚約まで漕ぎ着けたならば、その時はお話します。                   
夕方から約束している『大切なお見合い』までの間、暇潰しに梅田界隈をフラフラさまよう。         
歩き疲れたので、泉の広場前にあるクイックマッサージにて夫婦揃って足ツボマッサージ。          
そして、いよいよ本日のメインイベント?『大切なお見合い』を果たす為、南森町へ〜っ。          
新しいライフスタイルに向けての第一歩となるチャンス…のハズだっけど、                 
実際に目の当たりにすると、遠くから眺め恋焦がれていたイメージのビビット感が全然無くってね…。     
『大切なお見合い』の後は、天神橋筋商店街の焼鳥屋カウンターで、ダンナと真剣に家族会議。        
とても良い話だったけど、今回はお断りしておきましょう。                        
我が家の場合は、初婚じゃなく再婚みたいなもの。                            
目先のピチピチと若い華やかさに惑わされる事なく、ボロボロのヨレヨレになっても末永く付き合っていける相手なのか?ちゃんと見極める冷静さが大切。                                
もう二度と、価値観のズレを感じながらの生活はしたくない。                       
もちろん、ある程度の妥協は必要だけど。                                
今の状況は、「あの人もエエなぁ〜、この人もエエなぁ〜」と、本命を探しながら恋愛を楽しんでる時。    
将来に夢馳せて一番楽しい時やわーーーっ♪                               
6月17日〜母から届いたクール宅急便〜                              
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
大きな文字で書かれた『味一番 北海ラーメン』と『手作りの味 上海ワンタン』、妙に気になるわ…                  
30年以上前のレシピで、もう一度ケーキ焼いてみたいな…。             
その3つのページを開くと、バターや卵でベトベトに汚れて変色して、当時の悪戦苦闘振りが残ってました。           
この本の中で実際に作っていたのは下の3つだけ。       
『イチゴのケーキ』と『アイスボックスクッキー』と『マーブルチョコケーキ』。        
そしてもう1つ、実家で発見したもの。                                 
これまた30数年前の御宝、私が初めてお菓子作りに興味を持った時、参考にしていたレシピ本。        
今年のゴールデンウィークに帰省した時、実家で発見したもの。                        
物持ちが良すぎる捨てられない性格の母が残していた、30数年前の御宝『お父さんのメニュー』っ!!      
いゃぁぁぁーーーーっ、懐かしい。                                     
私がまだ小学生だった頃、週末になると『お父さんのメニュー』を見て食べたいモンを父に注文してたのよ。    
料理とは無関係な仕事に就いていた父でしたが、レシピも見ずに適当にチャチャっと美味しく作ってくれてました。 
父の味を私がウィリークッキングで再現した『ポークチャップ』と『ハンバーグ』も載ってますなぁ〜。      
『ハンバーグ』は『ロコモコ丼』の時に紹介したフワフワなヤツです。                      
こーやって昔を振り返ってみると、子供の頃の食生活って大人になってからの味覚ベースになっているんだと実感。 
素朴だけどちゃんとしたモンを毎日欠かさず手作りしてくれた母と、週末にイベントとして食べる事の楽しさを教えてくれた父。                                                
そんな両親に育てられた娘は、おかげさまで好き嫌い無く常に食欲旺盛よっ!                  
米を滅多に炊かない私だから、十六穀米まで炊いてくれちょりました              
母の愛に感謝しながら、噛みしめいただく食事は美味しい              
6月14日〜わたしの趣味は、あなたです。〜                   
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
売るほど食器を持っているのに、今宵も私の愛用皿はティッシュだじょ                
6月13日〜本当に沢山の御申し込みありがとうございました〜                   
    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
6月12日〜『普通』が通用しない世の中〜                   
    
自分の努力だけじゃ、どーしよーも出来ない事だらけ。                  
やっぱり、この世は神様によって支配されているのかなぁ…。               
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
6月11日〜幾つになっても甘えん坊〜                   
    
かまってくれへんかったら、家出するでーっ             
コレ返して欲しかったら、もっと遊んでやーっ          
突然、キッチンの隅に置いていたカラのペットボトルを咥えて部屋中大爆走〜〜っ!               
「こらーーーーっ!!それダメでしょーーっ!!!」と、私に怒られてナゼか嬉しそうなウィリー君。        
幾つになっても甘えん坊〜、カーチャンの愛情が必要なマザコン犬。                      
       
太融寺にある御祖父ちゃんの墓参りもするつもりやったのに、すっかり日が暮れてしまい、お寺の塀越しに「お祖父ちゃ〜ん!またゆっくり来るわなーっ」と叫んで終わり。                      
それにしても、あんなに激しいネオンチカチカの風俗街で、お祖父ちゃん安らかに眠れてるの??      
よく考えてみたら、ワタシも将来的にはアノ墓に入る訳で…チ〜ン。                   
そして、晩ご飯は天神橋筋商店街で。             
立ち呑み感覚の春駒で激安寿司をビールと一緒にチョロっと。  
3時間みっちりと落語を満喫したら、西天満・南森町界隈を足が棒になるほどウロつく。     
想像力豊かに思い巡らしながら聞く落語って、大人の娯楽やわ。                  
頭の中を空っぽにしてアホ笑い出来る漫才もエエけどね。                     
ダンナとワタシが爺さんと婆さんになったら、手を繋いでココに来てデートしたい。         
私は母と一緒に一度来た事があるけど、ダンナは繁昌亭初体験。              
当日チケットだったので残念ながら補助席…それでも十分楽しめますっ♪   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
6月10日〜とりあえず一歩前進〜                   
    
ダンナと一緒に梅田へ出掛けた休日。            
今日は、フラフラと遊んでばかりじゃいられない。      
第三ビルの地下でズルズルーーっと、セルフうどんを流し込んだら、ライフスタイルの方向転換を実現する為の手続きに。   
今まで漠然としたイメージしか持てなかったものが、一気に具体化出来たような。                     
焦らずじっくりと、ベストなタイミングで波に乗りたい。   
まずは、先立つモノを準備しなきゃ…。           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
6月8日〜猛獣のように肉を喰らう夜〜                   
    
今夜一緒に焼肉を突き合った皆様、また是非近いうちに美味しいモン食べに行きましょうね。         
お腹はイッパイでも、まだまだ飲み喋り足りないオンナ3人、2軒めの店を求めて三宮界隈をさ迷い歩く。    
行き当たりバッタリで入ったシェ・ヌゥ。                                 
赤ワインボトルと一緒に前菜盛り合わせを注文し、酒の勢い止まらず喋り捲る。                
もの凄いボリュームの肉を脂っこさを感じずペロッと平らげてしまえるのは肉質が良い証拠。      
久し振りに、もう一度訪れたい店みーーーーっけた。                        
今回の宴を企画してくれたオンナ外科医ちゃん、美味しい時間をホンマにありがとーーーーっ!!    
生ビール2杯のあとは、焼酎ロックを軽く2杯ほど。         
もちろん、肉と一緒にアルコールも美味しくいただきました。  
次から次へと運ばれてくる肉の皿がテーブルに置かれると、沸き上がる悲鳴と歓声。   
「きゃーーーっ!!」        
「うぉぉぉーーっ!!!」      
「すごーいっ!!」         
もう何も言葉は要らないでしょーーーーっ!!                    
ニクニクニクニク、焼き肉だーーーっ!!!!!                   
今宵、猛獣のように肉を喰らう為に集まった6人。                  
最近、何かと噂のポッサムチプ。                         
年齢も職業も違う、そして初対面の人々多し。                    
なのに、肉パワーのせいか?互いに遠慮なく盛り上がりましたぞよっ。         
それでは、今夜9時…ドキドキしながら待ってます。              
来月は、サングリアと楽しむスペイン風料理をイメージしてみたんですが、実際に取り掛かってみると、スペインって派手なメニューは、パエリアしかないやんかいさ〜っ!       
まぁ、適当に何とかしますので御安心くだされ。            
レシピは毎回7〜8品考えるのですが、その中から3〜4品を選び組み合わせるのが結構大変なんざんすよぉ。 
味のバランスはもちろんですが、レッスン中の限られた調理時間で全てをほぼ同時に仕上げる工程も考えなきゃダメな訳で。            
アホな頭を酷使してます。     
本日の夜9時から、次回レッスン申し込受付開始です。                 
どうぞ、気軽にランチを食べる感覚でお越しくださいませ。               
上の日記をアップした直後、IKEA商品サイトをじっくり見ていたら、どーやら私が買ったコードセットには、最初からあるべき部品が1つ足りないような…「たぶん、それで長さ調整するのではなかろーか??」と思い、店に電話してみたら、いきなり自動音声ガイダンスが始まり、指示に従ってると「欠品・不良品があれば直接店に持ってきてください」と、録音された事務的な答えが返ってきました。                                         
700円の為に、わざわざポーアイまで行く交通費を考えたら、遊びやったと…やっぱり笑って済ませます。                          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
6月4日〜イケアのペンダントランプ買う時は天井高に御注意!!〜                   
    
写真に撮るとバランスの悪さが判りにくいと思いますが、実際に見るとヘンよ。            
家に戻って、早速ベッドルームに取り付けてみましたがっ!!!
コードが長すぎて調整も出来ない…自分で好みの長さに切って接続するのかな?                      
けど、そんな素人仕事して発火したら怖い。         
市販のコードリールに巻きつけるのは、見た目が嫌っ。    
返品しようか悩んだけど、面倒やし遊び感覚で買った安モンやから笑って済ませましたとさ。                
我が家の天井高は2.68メートルと、決して低いほうじゃないのに、全長約1.4メートル(コード1メートル+シェード40センチ)のペンダントランプが天井からぶら下がってると、目障りでしゃーない。                      
イメージ出来ない方は、天井から1.4メートルの位置を測ってみるべし。                         
コレを買って帰った人々は、どんな部屋にどーやって取り付けてるんやろう?                       
別に調整部品売ってたのかなぁ。(誰か情報知りませんか?)            
「何これ?」と無愛想に言いながら〜ラッピングのリボンを解いて〜中身を見て〜そりゃもう大喜びだったわよさ〜っ。
カフス好きなダンナは、色々と変わったデザインのカフスを数多く持っているのですが、その中でも一番のお気に入りになったのではないでしょーーか??                                      
「ワタシもダーリンにプレゼントしたいワンっ♪」と思った方、コココレです。                 
男性がビジネスシーンで使う名刺入れや財布って、それなりのモノを使っていて欲しいので、合皮の飼い犬写真入りはチョッとな…と思っていたら、こんなんみーーーーーっけたっ!!!! フォトフレームカフスだじょーっ。            
ネジ式になっていて、中に好きな写真を入れられるのです。                              
早速注文し、溺愛ウィリー君の写真を数パターンプリントし、チョキチョキ切ってフレームの中に入れて出来上がり。   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
6月2日〜梅雨空と同じ心かな〜                             
    
落ち込んでいる時は、パワーをもらえる場所にお出掛けしたいもの。       
個人的に良い運気を感じる西天満。          
『ノガラッツア』に40オンナ4人が集まりました。 
例によって例のごとく、料理そっちのけで、カプカプとワインを飲み干し喋り捲りでござんした。        
憂鬱な気分でウチに引きこもったままの私と一緒に飲んでくれる友人達。   
「ゴハン食べに行こーや」の急なメールにもかかわらず、全員集合してくれました。          
ホンマ、嬉しいダニ。  
関西地方梅雨入りしましたね…今日は昼前からポツポツ雨降り。   
湿度が高いから頭がボーッとしている訳じゃなく、最近の我が家に憂鬱ネタが飛び込んできてイライラしたり落ち込んだり、あーーーもう考えたくないわぁ〜っ。                       
悩んでも無駄ならば、悪い気が入って来そうなので、きっぱりと自分から断ち切って方向転換するべしっ!!               
『損を取って得を取る』とか『ピンチはチャンス』とか『人生一度きり』とか『やらなかった後悔よりやってしまった後悔』とか、色んな言葉を浮かべて気持ちを奮い立たせる。                
♪ケ・セラ・セラ〜〜♪何事もなるようになるのよぉ〜〜〜♪♪   
「ウィリーさんちに一体何があったん??」と思わせてしまう、中途半端な言い方でスンマセーンっ。                  
きっと傍から見れば、大した事じゃ無いんだろーけどね。      
ワタシと同じくらいウィリー君を溺愛しているダンナが、「オマエだけエエよなぁ〜そんなん持って〜」と、羨ましがっていたウィリー君のオリジナルフォトバッグ。                               
「そんなに欲しがるなら、アナタにも作ってあげるわ〜」と言ったものの、流石に40才のオッサンが飼い犬の写真入りカバン持って街中をウロウロするのはキツイので、名刺入れ?財布?と色々悩み続けておりました。      
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
6月3日〜働くオッサンの袖口に溺愛犬〜                             
    
「何も欲しいもんないしーーっ」と言いながらも、やっぱり一度はIKEA行ってみたかってん。                         
休日だったけど、夕方に行った事もあってか?ほぼ行列無しですんなり入店出来ました。                             
広い店内をダラダラ歩いて、結局ピンとくるモノに出合えず終わりましたが、「せっかく来たんやから、遊び感覚で何か買って帰ろ〜や」と、激安のペンダントランプを購入。                          
シェード\1290+コード\700=お会計\1990なり。      
昨夜、とりあえず間に合わせでメニューをレッスン予定のページにアップしましたが、全体のバランスを考えて、今後多少変更するかも…です。  
毎度の事ながら、自転車操業的な料理教室でスミマセンっ!!      
こんなメチャクチャな状況で、どーにかこーにか8年間も教室運営出来ているのは、「ゆっくりでいいですよ…」と、温かく見守ってくれている生徒の皆様に恵まれているからなのよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
6月5日〜適度なプレッシャーを感じながら刺激的に暮らす毎日〜                   
    
次回レッスンの準備に追われて、愛犬ウィリー君を全然かまってやらなかったら…。            
火事ですぅ〜燃えてますよぉ〜〜っ!!           
我が家の近所に消防署があるので、消防車や救急車のサイレンには、結構慣れっこなんだけど…。            
数日前、尋常じゃない激しいサイレンが聞えたので、ベランダから覗いて見ると、黒煙がモクモクと立ち上ってました。  
そして、部屋の中のテレビから映し出されるワイドショーは、想像を絶する突然の出来事…東京・秋葉原での無差別殺人。 
他人事のように眺めているけど、明日は我が身かもしれないのよね。                         
『普通』って魅力を感じない響きだけど、『普通』ほど大切な事は無い。                       
先程、6〜7月レッスンにお申込みいただいている皆様全員に受付確認のメール送信完了しました。     
ご希望日時でお受け出来なかった方にも、空きレッスンのお知らせをさせていただいています。       
もし、まだ何も連絡が無いという方がいらっしゃいましたら、お手数ですが御一報ください。        
                     
自覚症状あるのに自分でもコントロール出来ない程の頑固者。      
良く言えば上昇志向、悪く言えば見栄っ張り。             
なんだか最近、欠点を振りかざして暴走している気がしてきた。     
ちょっくら、この辺で立ち止まって後方確認するのもヨシ。       
一人ぼっちで深く酔っ払うと、頭の中でクルクル自問自答。       
だから今夜は…                           
久し振りに、コレを何度も繰り返し見たい気分。              
ウィリークッキングのサイトを毎日マメにチェックしている、岡山に住む母。                  
私が毎晩ろくでもないモンを食べて、焼酎をガブガフやってるのも、当然の事ながら全て御存知。         
そんな母から、予告無しで昨日クール宅急便が届いた。                            
開けてみりゃ〜まぁアンタ、愛情のこもった『オカンゴハン』の数々じゃあーりませんかっ!!          
一緒に入っていた手紙には、「ちゃんとしたモノを食べなさい…」とな。                    
確かに、届いた『オカンゴハン』は『ちゃんとしたモノ』ばかり。                       
『ちゃんとしたモノ』を自分の為に作る時間が無いウィリーレッスン開催中、母にバイトとして頼んで定期的に送ってもらおっかな〜なんて、本気で考えたりして。                                
ホワイティで仏花を買って、お初天神通りのコンビニで雑巾買って、太融寺でお祖父ちゃんの墓参り。      
綺麗に掃除して〜ピカピカに拭いて〜花を供えて〜線香焚いて〜静かに手を合わせて…ナンマイダーっ。     
ご先祖様の供養で心スッキリした後は、ダンナ会社から夏ボーナスが出たので、ウィリーさんち恒例!ダンナの戦闘服であるスーツ・ワイシャツ・ネクタイ・靴等々を阪急百貨店メンズ館で、ダーッとまとめ買い。        
スッキリしない天気が続いていますが、梅雨が明ければカーーーッと情熱的な真夏っ!!       
6〜7月は、そんな季節にぴったりなスパニッシュメニューを紹介しています。            
皆に言うと「絶対ウソやわ〜っ」と叫ばれるけど、私は自称『動物好きの人間嫌い』なんです。          
だから、もともと人付き合いは苦手な訳ですが、ウィリークッキングにお越しいただく生徒さんに治療していただき、「人ってエエなぁ〜っ」と、思えるようになりました。              
ウチの近所にある『パンの小屋』のパンと、私が生まれ育った実家の近所にある『喜久屋』の栗まん。        
どちらも、生徒さんからいただいたものですが…。                               
人としての温かさがギッシリと詰っていて、口にすると涙ポロリ幸せな気分になります。              
オンナの私が、料理を通して女性相手に仕事をして実感するのは、『オンナの敵はオンナ』やけど『オンナの見方もオンナ』やっちゅー事。                                             
 
過酷過ぎて息切れしそうになる事も度々ありますが、精神安定剤のようなウィリー生徒の皆様を失いたくないから、これからも教室は続けていきたい。                                             
けどね…。                                                   
超高齢犬になってしまった愛犬ウィリー君。                                    
彼に残された余生の幸せを考えたりすると、私はモノ凄く自分勝手で酷い事をしている気がして。