・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                        
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                        
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                        
お知らせするのが遅くなりましたが、下記サイトにてウィリーのレシピやインテリアを紹介していただいています。                                
料理に興味がある方はコチラ。                            
キッチンリフォームに興味がある方はコチラ。                     
叔母レシピで作った残りの青梅は、きび砂糖と白ワインて適当に炊いたら、砂糖を物凄く控えめにしたので驚くほど酸っぱいよぉぉぉーーーーっ!!!    
健康の為に日々欠かせない梅肉エキスと一緒に混ぜて、毎日飲んでいます。  
京都に住むダンナ叔母夫婦から届いた大量の梅。                        
『青梅ビール煮』のレシピを同封してくれていたので、早速作ってみました。           
簡単で美味しいっ!!!                                   
大好きなパンの香りに、興奮状態のウィリー。                 
死にかけていたのに、ここまで回復する事が出来ました。                           
ぞうさんのもり動物病院の先生をはじめ、何かしら心の支えになってくださった方々のおかげです。        
フォカッチャ風の成型にしたけど、焼き上げたら指穴が消えてしまったわ。             
ウィリーは、米があまり好きじゃないみたいで、パンが大好き。    
やっぱり、イギリスの犬だから??      
肝臓病の犬が食べても大丈夫そうな材料を調べて、適当に作ったウィリーの為の愛情パン。       
少しでも長く、この光景が続きますように        
あと数日間ウィリーの様子をみてから、次回レッスン詳細についてお知らせしたいと思います。                           
私事で勝手を申しまして、スミマセン。                 
いい加減な教室ですが、これからもどうぞよろしくお願い致します。    
とても元気に問題なく過ごしているように見えた老犬ウィリーの体調が、先週の木曜日頃から突然おかしくなって、ぞうさんのもり動物病院へ。             
血液検査の結果、肝不全を起こしている事が判明。   
クッシング症候群という病気を抱えているので、それが原因なのか?何なのか?不明ですが、測定不可能な異常数値でした。                      
緊急入院して静脈点滴をしてもらって、とりあえず翌日退院。                        
一度は快方に向かっているように思えたのに、自宅に戻ったら、またまた様子がおかしく、病院に逆戻りです。  
3日間入院して、肝臓の数値も少しずつ下がってきたようで、本日の午前中に退院しました。          
1年くらい前から頻繁に肝不全を起こしているので、この先も安心は出来ません。               
私の手の中で、痙攣して苦しそうにしているウィリーを入院させるのは、もの凄く悩みます。          
入院中は、先生も病院に泊まってくださいますが、不安な事は全て聞いて、納得した上でお願いしました。    
考えたくは無いですが、最期は抱っこして傍にいてやりたい…。                       
最終的には、飼い主の判断です。           
グッタリして動かなかったのに、徐々に回復して、夜中にギャンギャン吠えまくったみたいで、先生に申し訳なくって…感謝の気持ちでいっぱいです。          
6月9日〜次回レッスン詳細 もうしばらくお待ちください〜                              
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                          
何かとお騒がせしました、老犬ウィリーの病状についてですが、今回もとりあえず危機を脱したようです。
沢山のお見舞メールをいただき、感激しております。                        
小さな命の事を気にかけてくださって、本当に本当にありがとうございます。             
今週末、病院で再検査をしてもらってから、レッスン再開の日程を決めたいと思います。。       
何よりも今は、老犬ウィリーに残された時間を精いっぱい幸せに、勝手気ままに過ごさせてやりたい。  
文章にすると、もの凄く深刻そうに聞こえますが、私は相変わらず元気です〜♪            
ウチの近所でサクッと飲み歩いたり、そんな感じの事は楽しんでいるんですが、もう少しウィリーの体調が落ち着くまで、自堕落な日記のアップは控えておきます。                       
6月17日〜次回レッスン詳細 もう少しお待ちください〜                              
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                          
老犬ウィリーの体調は、今のところ落ち着いるのですが、私の身体が澱んで重くて、何やかんやで御無沙汰しておりました…大切なモノを失いかけた時、突如変化する心。                   
今までの常識が、非常識になる事だってあるものです。                       
少し前から話題になっている『断捨離』のように、自分を極限状態に追い込むことはしないけど、パンパンに膨らみきった生き方をリセットしています。                           
不必要な服や雑貨を処分したり、自分の為の食事を丁寧に作ってみたり、目に見えない家の細部を掃除したり。                                              
肉食系自爆オンナの私だって、『衣・食・住』を見直し反省するもんです…。             
こんな時に、プライベートと仕事のリズムを崩さず、順調なダンナを見ていると、良い意味で『男』やなぁ〜と思ったりして恨めしい。                                   
頑丈そうに見えても『女』の心と身体は、繊細で複雑なんですよね…。                
6月26日〜『男』のおかげで 感情的に生きられる『女』の幸せ〜                              
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                          
6月28日〜7月初旬よりレッスン開始予定です〜                              
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ウィリーの晩ご飯 ◆ウィリーのリビング ◆愛犬ウィリーとおでかけ ◆ウィリーの旅日記 ◆ウィリーの気まぐれ日記             
◆トップ ◆レッスン案内 ◆レッスン予定 ◆レッスン風景 ◆今までのメニュー ◆レシピ ◆プロフィール ◆ウィリーのひとり言 ◆メール            
オレンジ色が斬新な大皿と、使いやすそうな楕円長皿をお買い上げ。            
気がつけば、6月も残り僅か…この一ヶ月間、私は何をしていたの??         
まぁ、こんな過ごし方も時には大切だと勝手な解釈をして、自分を正当化。       
老犬ウィリーの体調不良で欠席した会も多いけど、食を通じて交わる友人との貴重な時間は、やっぱり欠かせない。                              
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                        
美食を求めて奈良へ 大人の遠足              
「こんなふうに人生を積み重ねたいなぁ〜」と、私が憧れている素敵マダムに、奈良を案内していただきました。                                     
以前に一度、叔母に連れて行ってもらって感動した浪漫でランチ。                
今回も期待を裏切らない美味しさ。                              
何よりも、大将の料理に対する熱意が凄いっ!!!                       
話を聞いているだけで、前向きな気持ちにさせてくれます。                   
ランチの後は、平城遷都1300年祭を機に、平城宮跡に復原された『第一次大極殿』へ。         
ありゃまぁー!『せんとくん』に遭遇ざます。                 
奈良の町を観光した後は、素敵マダムのお宅に〜。                    
コンクリート打ちっぱなしの外壁や門扉に名字が組み込まれていたり、地下室にステンドグラスの工房があったり、吹き抜けのエントランスホールにマウンテンバイクが飾られていたり。  
伺う前からイメージしていたけど、それ以上の豪邸でした。                
室内には、ご家族の歴史を感じられる写真がいっぱい飾ってあって、まるでアメリカ映画みたいな空間。                                      
ご主人とのツーショットや、お孫さんの可愛らしい姿や、天国に旅立ったワンコや…愛情ぎっしり。                                         
とても有意義で楽しい奈良時間でした。                 
西天満で働く友より、「今夜、軽く行きませんか〜?」のお誘いメール。   
土砂降り雨の中、阪急三番街の奥まった場所にあるかっぱ横丁のオッサンちっくな居酒屋で…。                             
40前後の微妙なオンナ3人、それぞれ悩みは違えど、まるで体内に溜まったガスを抜くように喋りまくる。                 
毒っ気のある会話には、気取らず雑然とした店が心地よいのよね〜。             
2軒目は小好鮨へ。                                      
カウンターだけの小さい店ですが、幸運な事に3席空いていました♪♪♪               
寿司をつまみながら、言葉の一つ一つに重みを感じる大将夫婦との会話を楽しむ。           
残念ながら画像はありません…。                                 
西天満労働組合 懇親会             
東心斎橋のビストロで飲む              
sionちゃんと2人っきり、向かい合って飲んだ夜。              
東心斎橋にあるビストロ カランコロンで。                   
白と赤のボトルを空けて、ウラウラと語り合う。                 
掴みどころが無く変わり者と呼ばれるAB型同志だからなのでしょうか?           
趣味も生き方も価値観も全然違うのに、何故か気が合うのよね〜。              
sionちゃんの腕をつかんで「もう一軒行こうよぉ〜」と叫ぶ、私の強引な誘いも通用しなかった…。                               
翌日も仕事がある彼女は帰ってしまったけど、私は主税寿司で独り飲み直しざます。 
次こそ、焼き餃子の美味しい店でビール飲もうなぁ〜♪             
異世代異業種交流会 北新地のはずれにて               
コラーゲンを吸収するために、丸鶏屋でタッカンマリ鍋をいただきましょう。          
飲み放題のコース料理を予約してくれていたので、会話に専念出来ます。             
婚活中の話を色々聞かせてもらって、勉強になったわー!    
数名いるパートナー候補の写真を見せてもらったりして、恋愛感覚を忘れつつあるオバチャンの私も、新鮮な気分を楽しめました。           
「あっ!この人!!!」と思えるような出逢いがありますように♪        
感動的な結婚式に出席したい…。