・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ウィリーの晩ご飯 ◆ウィリーのリビング ◆愛犬ウィリーとおでかけ ◆ウィリーの旅日記 ◆ウィリーの気まぐれ日記             
◆トップ ◆レッスン案内 ◆レッスン予定 ◆レッスン風景 ◆今までのメニュー ◆レシピ ◆プロフィール ◆ウィリーのひとり言 ◆メール            
オレンジ色が斬新な大皿と、使いやすそうな楕円長皿をお買い上げ。            
9月15日〜鰯を触ると指先が生臭いんですよ〜                              
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                     
 
取材撮影終了後は、編集担当ライター・カメラマンの方に試食していただきます。           
ウィリークッキングを休んで老婆のような隠居暮らし中だから、めちゃくちゃ楽しい時。            
「やっぱり、働きたいわーーー!!!」        
クリエイティブな業界で、日々新鮮な情報を生み出すために戦っている方達とお会いすると、刺激をいっぱいもらえるので幸せです。                  
マラソンにクラシックバレエ、そしてツイッター。   
私も色んな事を言い訳にせず、頑張らなきゃ。    
今日は『歓菜勧菜亭』掲載レシピの取材撮影。       
次回のテーマ野菜はカボチャです。            
簡単に出来て、ボリュームのある夏向き和サラダにしてみました。                          
興味のある方は、時々コチラをチェックしておいてください。
(無料配布されるリビング新聞にも掲載されます)    

6月21日〜ツイッター始めてみようかな?〜                         
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                           
真夜中のテレビをボーッと眺めるのが好きです            
深夜にフッと目が覚めた時、つけっ放しになっていたテレビで放映されていた、グランドキャニオンとモニュメントバレー。                                
色んな国を旅しましたが、エジプトのピラミッドよりも、カンボジアのアンコールワットよりも、スペインのサグラダファミリアよりも、何よりも感動したのがモニュメントバレー。      
どんなに人間が精密巧妙な建造物を遺したとしても、自然の脅威と美しさには勝てないわ。   
地デシ化される7月24日まであとわずか。                                    
別にテレビなんて無くてもいいんだけど、「今が底値!」とか言われてしまうと、思わず買ってしまう訳よ…。      
ベッドルームのテレビがアナログのままだったので、先週末、フラーッと立ち寄ったヨドバシカメラで、新しく一台お買い上げざます。                                                   
リビングで使っていたのをベッドルームに移動させて、今までよりも少しだけ大きめなのを新しくリビングに購入。    

確かに激安でした〜。                                              
また昔話をしてしまうけど、私が子供だった昭和の時代は、新しいテレビが家にやって来る時は、家族全員でワクワクしたものです。                                                    
いつもお世話になっている電気屋のオッチャンがトラックで配達してくれてね。                    
ガチャガチャ回してチャンネルを変えていたのが、リモコン式になっただけで大喜び!!!               
ビデオデッキを買った時なんか、そりゃもうアナタ…興奮しまくりよ。                        
レコード大賞とか紅白歌合戦は、『完全保存版』で録画してみたり。                         
そんな時代があったのにね…。                                          
今じゃ、スタイリッシュな薄っぺらい多機能テレビを買っても、食料品を買うのと大差ない感覚で何の高揚感もありません。
成長し過ぎた社会の慣れの果てのような気がします。                                
ブラインドを閉めずに、だらしないラフな格好でくつろいでいると、大変恥ずかしい状況になってしまう訳ですよ。                                          
何の前触れも無く突如、屋上からブランコに乗ったオニイチャンがスルスルと降りてきて、スパイダーマンの様な格好で窓にペッタリへばり付いて掃除。                         
そりゃー、命がけで窓拭きをしていただいている最中に、部屋の中なんてじっくり見る余裕は無いでしょうけどね。                                          
今朝は準備万端!しっかりブラインドを閉めたので大丈夫〜。                   
今住んでいるマンションのリビング窓は、ピクチャーウィンドウと呼ばれる、開閉が出来ないはめ殺しタイプなので、専門業者による窓拭きが2ヶ月に1度あります。
ちゃんと事前に、管理組合から日時を告知してくれるんですが、うっかり忘れてしまう事が多くて…。    
酒粕・日本酒・みりん・白味噌・砂糖・塩をしっかりと混ぜ合わせて粕床を作ったら、下ごしらえをした食材と一緒に保存袋へ入れて密封。                                                 
1日以上冷蔵庫で味をなじませてから、グリルなどで焼きます。                           
すぐに食べない時は、冷凍保存も可。                                       
粕床は数回繰り返し使えるので、私はいつも、豚肉や鶏肉を漬けた後に鮭など魚の切り身を漬けています。        
肉と魚の順番を逆にしてしまうと、魚臭さが肉に移ってしまいそうなので、野菜→肉→魚の順に漬けています。      
今回、野菜は漬けてませんけど。                                         
味噌漬けや粕漬けを初めて作った頃は、食材をちゃんとガーゼに包んていましたが、今は面倒なので手抜きです…。    
6月3日〜楽し過ぎる!創作カンパーニュ〜                         
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                           
先日焼いた、ドライトマトとバジルのカンパーニュ。         
チーズ入りとチーズ無しの2種類。                 
ドライトマトの戻し汁を仕込み水に使いました。           
実験的に色んなものを混ぜ込んでカンパーニューを焼いているけど、今のところコレが一番好みの味かも。                  
来週は、ゴルゴンゾーラと胡桃のカンパーニュを焼く予定。      
黒胡椒の粗挽きをガリガリ入れてみようかな〜。           
ホントにそうよね…。                                    
あの頃の私が、今の暮らしぶりを突然体験すれば、シンデレラになった気分かも。         
それなのに、40半ばの初々しさを失った愚妻の私は、この生活が当たり前だと言わんばかりの図々しさ。                                            
少しずつ部屋を片付けながら、折り返し地点を過ぎた人生について見直そう。           
夢を叶えてくれたダンナに感謝して。                             
『夢は叶うと日常になる』という言葉をどこかで聞いた事があるけど。    
凶暴でややこしい犬種と知っていても、見た目が愛らしいテリアを飼ってみたかった。   
ちゃんと換気扇のある、真っ白で清潔なキッチンで料理をしてみたかった。        
築35年過ぎのオンボロ社宅に住んでいても、スッキリした部屋でお洒落に暮らしてみたい夢は捨てられなかった。        
女性なら誰しも、「結婚したら、こんな家に住んで、こんなふうに暮らしてみたい」って、子供の頃から憧れているスタイルを持っているはず。   
家電嫌いなので、絶対リビングに置きたくなかったのですが、数日前から気管支が弱い老犬ウィリーの咳が激しくなり、やむを得ず、本格的な空気清浄機の購入を決断しました。                      
冷蔵庫と洗濯機の大きさは仕方ないにしても、テレビとかオーディオとかパソコンとか、電化製品の存在全てが苦手。                                                 
巨大画面のテレビが欲しいとダンナが叫びまくった時も、私の一存でコンパクトサイズを選びました。     
あくまでも個人的な感覚ですが、周囲のインテリアとのバランスをブチ壊しにしてくれるので…とにかくダメなんです。                                                
そんな私でも、苦しそうに咳込む溺愛犬の為なら、必死のパッチです。                   
今朝、シャープのプラズマクラスター加湿空気清浄機が届いたのですが、いゃーーーデカイわっ!!!     
リビング・ダイニング・キッチンのトータルな広さを考えて、30畳対応にしたせいもあるのでしょうが、存在感あり過ぎです。                                           
我が家のマンションが狭過ぎるのも問題なんですけど、見知らぬオッサンが1人やって来て、正座してるくらい目障りよ。                                               
それでもね…そんな事を帳消しにしてくれるメリットいっぱいでした〜♪                  
あんなに苦しそうに咳込んでいたウィリーが、今夜は穏やかな表情で寝ています。              
人間の私も、空気がキレイになっている事を深呼吸するたびに実感出来ます。                
排気ガスまみれの街中暮らしなので、もっと早くに購入すれればヨカッタかも。               
6月1日〜家電嫌いでも溺愛犬の為なら買います〜                          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                           
以前ほど徹底的に行うことは無くなりましたけど、3ヶ月に1度くらいのペースで不用品の見極めをしています。
今日は本棚の整理。                                          
雑誌から切り抜いてファイルしている料理レシピやインテリア写真を1ページずつチェック。         
インテリア好きなので、料理レシピと同じくらいの切り抜きをファイルしています。             
料理レシピは好みの味であれば、時が経っても使えますが、一昔前のインテリア写真は古ボケた印象で参考にならないものが多いです。                                          
大半の切り抜きを処分して、ファイル1冊分だけ残しました。                       
その中でも、結婚したばかりの頃に買った雑誌の切り抜きは、初々しかった新妻の私が憧れるライフスタイルそのものがインテリアコーディネートと共に表現されていて、穴があくほど眺めていました。            
あの頃から10数年が過ぎ、あらためてこの切り抜きを見ていると、今の暮らしが憧れていたものに近づいてる事に気付かされます。                                            
6月2日〜夢は叶うと日常になる〜                          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                           
生種が余ったので、白パンも焼いてみましたが、分割も成型も適当なので不揃い。          
野菜と一緒にハムやチーズを挟んで、ル・クルーゼのグリルカレで両面を軽く押さえながら、パニーノ風に焼くと美味しかったです〜♪                                 
結婚する前、ダンナとよく通っていた豚晴で晩ご飯。                        
ダンナは『海老フライ+ロースとんかつセット
』、私は『なにわ定食』を注文。             
瓶ビールを2本空けて、お腹パンパンです。                             
泉の広場を上がって、ダンナ祖父母が眠る墓の前を通り過ぎて、ダラダラ歩きながら帰宅。        
そろそろお墓参りしなきゃ…すぐ傍で暮らしているのに。                       
全ての工事が終了して、梅田が新しい都市に生まれ変わるのは10年以上先。        
私は、50半ばを過ぎているのよね。                          

その頃の日本はどんな国になっているのでしょう。                    
この前の日曜日、午前中は車で出掛けて用事を済ませ、午後からは目的も無く梅田方面へ散歩。                             
オープン当初のような大混雑も無くなり、ゆっくりと見て回れました。    
結局、何も買わなかったけど。                      
三越伊勢丹・LUCUA・大丸・阪急・阪神…こんなに密集していて大丈夫なん??                                  
第1期開発区域の工事が進んでいる梅田北ヤードはクレーンだらけです。   
高層ビルが建ち並ぶと、景色がまた一変するでしょうね。          
未着工の第2期開発区域は、大規模な公園を造る計画もあるとか。      
6月8日〜大阪駅周辺を散歩〜                         
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                           
洗濯機を回しながら、パンを発酵させながら、テレビを見ながら、粕漬け作り。                        
色んな事を同時進行でやっていく、ながら作業が得意です。   
ただ単に、ズボラなだけですけどね。             
今朝、たまたまNHKの番組を見ていたら、樋口可南子さんが出演されていました。                      
毎日欠かさず、気まぐれカメらをチェックしているので、なんだか他人とは思えない。                     
糸井重里さんとブイちゃんとの、何気ない日常が大好きです。  
6月10日〜明日の休日朝ゴハンは、鶏の粕漬けを焼きます〜                         
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                           
本日の朝ごはん。               
ゆで卵とマヨネーズを混ぜ合わせたものと、ハム・チーズを挟んだパニーニを作って、ブラックコーヒーとグレープフルーツジュース。        
さぁ、今日は何をして過ごしましょうか?    
6月14日〜梅雨の晴れ間に窓拭き〜                         
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                           
6月20日〜分厚いブラウン管の時代がヨカッタ〜                         
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                           
以前から気になっていた堂山の路地裏にあるどんたくへ、飲み友を誘って潜入です。     
「なんか、ややこしそうなオバチャンの店みたいやねん〜」                
「アカンかったら、スグに出て別の店に行こな〜」                    
そんな事を言いながら、年季の入った鉄板カウンター席に着く。              
オンナ3人で瓶ビール8本を勢いよく飲み干し
、大盛り上がりだったけど、最後の最後でアリャリャ〜な出来事がっ!!!                               男性ばかりで行くと、ある意味居心地良いと思います。                  
「もう一度行くか?」と聞かれたら、悩んでしまう独特な雰囲気ですけど、大阪らしいパラダイスな店でした。                                     
6月28日〜堂山から神山辺りで3軒はしご酒〜                         
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                           
『どんたく』のお会計は、あれだけ飲み食いしたのに、3人で6000円足らずでした。   
まぁ、色んな事を帳消しにしてくれる激安です〜♪                    
トイレを借りる為だけに、通りすがり立ち寄った2軒目の沖縄料理屋では、泡盛ロックとウッチン茶、そして何故かチャンプルーも注文。                        
トイレを済ませたら、すぐに出るつもりだったのに、腰を据えて喋りまくる!!!      
3軒目は、2度目の訪問になるSPAIN BAR LA ESTRELLAへ。             
赤ワインのデキャンタと料理をチョコチョコっと。                    
意味不明な会話でトランス状態…楽しかった記憶だけは残っております。          
翌朝、私のスッピン目覚め顔を見たダンナが一言…「なんやねん〜オマエの顔、アホみたいにムクンでんで〜」と。     
そりゃー、飲み過ぎ食べ過ぎですわ。