・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ウィリーの晩ご飯 ◆ウィリーのリビング ◆愛犬ウィリーとおでかけ ◆ウィリーの旅日記 ◆ウィリーの気まぐれ日記             
◆トップ ◆レッスン案内 ◆レッスン予定 ◆レッスン風景 ◆今までのメニュー ◆レシピ ◆プロフィール ◆ウィリーのひとり言 ◆メール            
オレンジ色が斬新な大皿と、使いやすそうな楕円長皿をお買い上げ。            
9月15日〜鰯を触ると指先が生臭いんですよ〜                              
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                     
 
毎年恒例になりつつある?年末のローストビーフ作り。                    
いつもなら、イチボ肉で作るんですが、今年はダンナ両親の年齢を考えて、サシの少ないモモ肉にしてみました。                                       
天満市場内にある肉屋のオニイチャンに相談しながら、モモ肉でも柔らかい肉質のものを選んで。 
そして、800gの肉と同じくらいのボリュームがある千切り野菜も一緒に。          
包丁をしっかり研いで、シャキシャキの食感になるよう気合いを入れて細く切っていきます。   

12月29日〜良いお年をお迎えくださいませ〜                           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
今年最後の飲み会は、フードコーディネーター仲間と我が家でチゲパーティー。
昼過ぎに集まって夜遅くまで、食べっぱなし〜飲みっぱなし〜喋りっぱなし〜。
10数年の付き合いになるけど、相変わらず皆パワフルです。        
しょーもない馬鹿話をして、涙を流して笑って、それだけで幸せ。    
2011年も、残り1週間足らず…。                          
玄関のクリスマスリースを外して、部屋に飾っていたツリーやオーナメントも片付けて、新しい年を迎える準備をしなきゃ。                              
そして2軒目は、主税寿司へ。        
この店も、クリスマスとは無縁な感じのオヤジ達で賑わっていました。            
大将から、にごり酒のサービス、そして熱燗を飲みながら酢の物を。             
ダンナが注文した寿司数貫と、いつものように「これ食べてみて!」と出してくれた、かます塩焼き。                    
夜が明けて25日の朝、私にもサンタクロースからプレゼントが届きました〜。             
美味しさがぎっしり詰まったシュトーレン。                             
薄く切って、ワインやブラックコーヒーと一緒に少しずつ楽しみたいと思っています。          

イブの夜に恋する若者達は、フレンチとかイタリアンの小洒落たコース料理を食べたりしなきゃダメなんでしょうが、結婚10数年の夫婦は、そんな事まったく関係ナシ。                   
近所にある、飛鳥の焼鳥と焼酎で乾杯〜♪                            
クリスマスムードを高めてくれるイルミネーションを眺めながらドライブした後は、一旦自宅に戻って、ウィリーを留守番させてから、聖なる夜のディナーにお出掛けざます。               
そして、老犬ウィリーにもクリスマスプレゼントを〜。              
フローリングの上で滑りやすくなってきているので、足裏に滑り止めが付いたハイソックス。    
                               
長いほうが脱げにくいと知り、ハイソックスを購入してみましたが、それでもやっぱり脱げたり、ズレたりで、あんまり効果的ではなかったです。           
いつもお世話になっているトリマーさんに相談したら、ゴム製の靴を紹介してくれたので現在取り寄せ中。                              
今までは、床に敷いたマットの上に、食器を直接置いていたんですが、足腰の筋力が弱って食べにくそうなので、テーブルも購入しました。               
首を屈めて踏ん張らなくてよくなったので、以前より食べやすそうです。      
そして、ドライブ好きなウィリーなので、真冬の防寒対策に全身をすっぽりと覆ってくれるダウンコートも購入。                           
サイズが心配でしたが、オーダーメイドしたみたいにジャストサイズ!!!     
イブの夜に、早速ダウンコートを着せて、御堂筋のイルミネーションを車で通り抜け。
すれ違う車中の人や、歩道を歩いている人に、「いゃ〜アレ見て〜!」と、笑われていました。                                   
毛むくじゃらの犬が、フード付きのダウンコートを着て、車窓から顔を出している光景はヘンですよね。                              
1ヶ月ほど前に、「モノマネハムスターをお願いしますっ!」と、ダンナ妹宅の姪っ子ちゃんから電話があったので、イブイブの23日はプレゼントを届けに〜。                 
24日の夜、姪っ子ちゃんの枕元にソーッと置いてもらう為、マンションの宅配ボックスに入れておきました。                                        
吹田市に住んでいる姪っ子ちゃんから、『大阪のオッチャン』と呼ばれているダンナ。      
なので、大阪のオッチャンの友達で、大阪市内在住のサンタからのクリスマスプレゼントという設定です。                                          
色んなサンタがいるので、ややこしいのよ。                         
サンタの存在を何となく信じている、子供のピュアな部分に心癒されますね。          
モノマネハムスター、私も欲しいくらい面白いわ…独り晩酌の夜に話し相手になってくれそうじゃない???                                         
「次は新年会計画しましょうね〜!良いお年を〜!!!」の言葉でお開き。             
あれだけ食べて飲んだのに、もう1軒行っとく?              
主税寿司で飲み直しざます。     
瓶ビールで乾杯して、熱燗をチビリチビリと。               
大将が適当にアテを色々出してくれたけど、最後のちらし寿司は、大食いの私もさすがにキツかった…。       
大盛り上がりな宴のあとは、酔い覚ましに中之島公園まで歩いてOSAKA 光のルネサンスを通り抜け。                                    
そして、美しいイルミネーションの前で皆揃って記念撮影♪               
炒め物類はあんまりな味でしたが、タンドリー・ナン・カレーは、食べ放題メニューとは思えない美味しさでしたよ。                                         
そして、恐ろしい量のアルコールをガンガン注文。                        
誰ひとりとして、ソフトドリンクを注文しないんだから、店側としてはたまったもんじゃないわよね〜。
生ビールと瓶ビールに始まり、デキャンタ赤ワインを水の如く飲み続け、「もう赤のデキャンタワインはありません…」と店の人に言われても、「それなら、白でいいです〜!」と、飲む事を止めないドあつかましい40オンナ達。                                     
「こんなに食べて飲んで3200円でいいの???」と、店の利益が心配になるくらい思いっきり楽しめました。                                           
お会計の時に、店主の顔が何となく強張っていたのは気のせいじゃないような…。          
その『LiB contents』から、オーダーキッチンの本Home Kitchensが発売されると知り、先行予約に申し込み、首を長くして待っていました。                                        
その待ちに待った本が、今日届きました!!!                                
『22組の普通の家族の それぞれの幸福なキッチン そして食卓』                       
パラパラとページをめくるだけで、幸せな感じが伝わって来ます。                       
「今週末のクリスマスは、ダンナの為にちゃんと愛情を込めた料理を作ってみようかな〜」と思ったりして。    
先行予約特典のカレンダーも、部屋のインテリアに溶け込む感じのデザインで使えます。             
今住んでいるこのマンションに引越しをする際に、キッチンリフォームをしたのですが、担当していただくリフォーム会社のプランナーの方にイメージを伝える為、参考事例を探していて出逢ったLiB contents。                                    
私好みのキッチンばかりで、見ているだけで楽しい気分になります。             
いつの日か、キッチン壁面収納も取り付けたいと思っているので、その時まで妄想をパンパンに膨らませて〜♪                                      
昨夜仕込んでおいた2種類のカンパーニュが、焼き上がりました。          
ひとつは、クランベリー・レーズン・オレンジピール・胡桃をどっさりと。      
もうひとつは、ドライマンゴーと
クリームチーズ。                 
陽当り絶好調な部屋の中は、今日も暖房いらず。             
Tシャツ1枚でも日中は汗ばむほど。                  
外の寒さが信じられない常夏状態。                   

撮影が終了したら、試食しながらフードライターの方と雑談。                   
「どうやったら、好きなだけ食べて簡単に痩せられるか?」とか…色々と。             
その辺の店で売っているものより断然美味しい『フロランタンのラスク』と『ローズマリーのチーズクッキー』をコーヒーと一緒に。                            
『ローズマリーのチーズクッキー』は、赤ワインとの相性も良かったです。          
こんな焼き菓子をさりげなく作れる女性に、私もなりたい。                 
年末を彩る華やかな光を眺めながら、2011の出来事を振り返る。            
この後、晩ご飯を食べに行くんだけど、屋台でチョロッと。             
めはり寿司と青森せんべい汁、そしてカップ酒を熱燗で。              
日が暮れたら、ダンナと一緒に中之島公園まで散歩。              
老犬ウィリーは家で留守番です。                       
開催中のOSAKA光のルネッサンスを見に〜。                
毎年、絵柄が変わるのですが、今年はサンタクロースと一緒に『HOPE』という文字が点されていました。      
先日、中之島三井ビルのクリスマス・ウィンドウアートが実施されました。   
家の窓からも見えていたんですが、クリスマスイブの夜に備えての試験点灯だと思って、写真撮らなかったわ…。         
春は桜、夏は蝉、秋から冬は銀杏。       
銀杏の葉っぱで、黄金色のカーペットを敷いたみたいになっています。    
季節感の無い場所で暮らしているけど、この公園があるおかげて、四季の移ろいを知る事が出来ます。  
箱を開けるのが嬉しくなる、とても素敵なラッピング。                        
手作りの焼き菓子と一緒に、『福』の文字をデザインした箸置きをいただきました            
新年のテーブルに映えそうな、シンプルだけど存在感のある箸置きです。                
12月17日〜ワインに合う焼き菓子〜                           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
自宅横の公園を老犬ウィリーと散歩。                                
目が見えなくなり足腰も弱って
きているので、アスファルトの上だと、歩くのを嫌がり立ち止まって動かなくなってしまうけど、土の上なら、フラフラしながらも歩き続けます。                  
散歩と言うよりは、徘徊に近い動きですが、毎日少しだけでも歩かなきゃね〜。             
12月18日〜OSAKA 光のルネサンス〜                           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
老犬ウィリーと同じように自宅点滴を行い、長期療養中だった大切なパートナーを天国へ見送った方だから、話をしているだけで心が落ち着きます。                    
途中、2人で号泣したりして…鼻水ズルズル。 
ウィリーへ、美味しそうなクッキーをいただきました。                   
これからも、弱音を吐きたくなったら、よろしくお願いします。               
きっと君は来ない          
1人きりのクリスマスイブ〜♪    
クリスマスキャロルが          
流れる頃には〜♪           
恋人はサンタクロース〜♪           
本当はサンタクロース♪           
新年会も楽しみにしています。                 
ルミナリエの後は、居酒屋で三次会。                              
料理のお勉強をして、カラオケで歌って、ルミナリエを見て、居酒屋で喋る。            
とても濃い充実した忘年会でした〜♪                              
カラオケの後は、最終日だったルミナリエを通り抜け。              
久し振りに見ましたが、重みのある美しい光ですね。               
料理教室の後は、カラオケで大熱唱〜♪                         
稲垣潤一の『クリスマスキャロルの頃には』に始まり、松任谷由美の『恋人はサンタクロース』で盛り上がり、山下達郎の『クリスマス・イブ』で終わる。                
日本に勢いがあった時代の昭和歌謡を歌いまくりましたよ。                
スパークリングワインと白ワインをいただきながら、優雅な時。    
今年一年お世話になりました〜乾杯!!!   
本日のメニューは                                
●海老芋とホタテ柱のマヨ味噌焼                         
●季節魚のポワレ 川津海老のクリームソース                    
食材の選び方や火の入れ方など、プロ目線のちょっとしたコツを教えてもらえるのが嬉しいですね。                                   
自宅でも簡単に作れそうなレシピなので、近いうちにおさらいしなきゃ。       
『きっと、もっともっと長生きしますよ                            
お正月も来年の桜も、ずっといっしょにいられますよ』
                     

                                              
老犬ウィリーが体調不良を繰り返し、精神的に落ち込んでいる昨年末から、時折、励ましのメールをいただき、私を支えてくださる方とル ピニョンでランチ。                    
12月15日〜励ましメールに支えられて〜                           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
コーヒーを飲みながら、デザートのチェーまでしっかりといただきました。         
次は、忘年会か?新年会か?                 
また、皆で集まりましょうね。                
2軒目は、PANE e VINOへ。                                 
軽く飲むだけじゃ済まされない、40代オンナども。                       
「なんか、お腹へったよなぁ〜」と言いながら、料理もしっかりと注文ざます。           
水の如く赤ワインのボトル2本を空っぽにして、今宵の宴はお開き〜♪               
この数日後、三越伊勢丹で開催中のタンタンの世界展&グッズコレクションへ。        
タンタンとスノーウィグッズてんこ盛りの売り場は、タンタンファンで賑わっていましたよ。  
ダンナ用のTシャツを買おうか悩んだけど、結局何も買わず。                
やる気のない会話をしながら選んだ店は、ベトナム料理の越南酒飯 BIA HOIです。    
「どこ行く?」     
「どこでもエエやん」  
「なに食べる?」    
「なんでもエエやん」  
3D映画初体験の後は、ランチにしましょう。              
私は、ダイニングテーブル用のセンタークロスを作ったのですが、普段の私なら絶対に選ばない色合いの作品に仕上がりました。                                                
「部屋のインテリアに合うように」と考えながら、頭を使って織ると、もっと単調でつまらない、何処かの店で売っていそうな感じになっていたでしょうね。      
体験織りは何度でも申し込み出来るそうなので、また新しいセンタークロスが欲しくなったら、『SAORI豊崎長屋』へ立ち寄ろうと思います。                                    
今回の受講料は、毛糸代込みで2100円でした。                            
途中、温かいお茶まで出していただいて、良心的過ぎますよね〜。                     
そして、実家の物置小屋に放置した『ておりプチ』ですが、今も捨てずにおいてくれているそうです。     
何でも迷わず捨ててしまう私と違って、物を大切にする母は、なんて素晴らしいのでしょう!!!       
年末年始に帰省したら、35年ぶりに、もう一度説明書を読んで、タテ糸を通してみようかなぁ。       
小学生の時、両親からクリスマスプレゼントにもらった、『ておりプチ』というオモチャの機織り機。    
説明書を読んだだけじゃ、タテ糸の通し方が理解出来ず、一度も作品を完成させないまま興味が無くなって、物置小屋に放置。                                             
かぎ針編みでコタツカバーを作ったり、棒針でセーターを作ったりする、手芸好きな小学生だったので、機織りも簡単に出来ると考えていたのに。                                    
そして、あのクリスマスの日から35年の月日が流れ、少女だった私はオバサンに…。            
少し前の事ですが、40代オンナ5人が集まって宴を繰り広げました。       
まずは、カルタゴキッチンでチュニジア料理を〜♪                
チュニジアやレバノンのビールで乾杯したら、チュニジアのワインを飲みながら、怒涛の近況報告。                                 
自己主張の強い個性的な面々なので、会話に勢いがあって楽しいのよ。       
12月2日〜チュニジアとイタリアの料理で宴〜                           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
先日、試写会に行ってきたばかりですが、「オレも観たい」と、ダンナが申しますので、タンタンの冒険を観てきました。                
試写会は2D/吹き替えでしたが、今回は3D/字幕で。                      
映画を3Dで観たのは初めてだったけど、いゃあ〜コレが失敗でね。                 
字幕スーパーがフワフワと浮き出て見えて気持悪いし、安っぽい3Dメガネをずっとかけていると頭痛くなるし、何よりもそんなに映像が飛び出て見えないのよ…。                      
以前、ヨドバシカメラで展示されていた3Dテレビを体感した時は、映像がリアルに飛び出して感動したのに、映画での3D技術はレベルが低過ぎて、ストーリーに集中出来ない。               
ホワイトフォックステリアのスノーウィの可愛さは、相変わらずでしたけどね。            
12月4日〜400円の3Dメガネで頭痛〜                           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
そんなこんなで、一度やってみたいと思っていたさをり織り。                        
中津のビルに手織適塾SAORIがあるのは、以前から知っていたけど、何となく行きにくい場所で、申し込みを先送りにしてきました。                
今年の9月に中崎町にも工房が出来たので、「散歩ついでに立ち寄れるし…」と、体験織りに申し込み行ってきました〜!                       
SAORI豊崎長屋は、障害のある方が講師として働いています。                       
自由で優しい空気が漂う工房で、好きな色の毛糸を直感で数本選び、頭の中を空っぽにして、心の中で思いつくままに色とりどりの毛糸を混ぜ込みながら織り上げる。   
絵を描いている時と同じ感覚の自己表現で、想像していた以上に楽しかったです。               
              
12月7日〜SAORI 豊崎長屋〜                           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
もうすぐクリスマスですね〜♪        
無職のプー主婦だって、アッチコッチから飲み会のお誘いをいただき、忙しい季節です。    
ウコン粒を普段より多めに飲んで、夜な夜なお出掛けざます。                
今年は、23・24・25日が連休なので、既に相手がいる若者はウホウホでしょーけど、恋愛待機中の若者達にとっては残酷だわ。      
先日も、若者が集う店でランチを食べていると、大学生っぽい男の子2人が向かい合って座っている隣のテーブルから、「ほんま、マジでヤバイよなぁ〜」と、嘆きの会話が聞こえてきました。  
そんなことで、真剣に悩める青い若さが、熟れたオバサンには恨めしいぞよ。         
12月13日〜バブリーなクリスマスが懐かしい〜                           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
神戸〜阪神間にお住まいのマダム達と、Matsushimaで料理教室を兼ねた忘年会。            
12月16日〜神戸でマダム達と忘年会〜                           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
今日は、サンケイリビング新聞の歓菜勧菜亭掲載レシピの取材撮影日でした。             
次回のテーマ野菜は大根。                                    
牛すじ肉と一緒にコトコト煮て、コラーゲンたっぷりのスープにしました。              
冷え防止の為に、ニンニクと生姜も入れて。                             
12月19日〜乾燥と冷え防止の大根スープ〜                           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
冬の太陽を浴びて、とっても幸せそうな犬。                
そんな犬を眺めていられる事が、これまた幸せ。              
12月21日〜小さな幸せを運ぶ インテリアブック〜                           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
北浜にあるネパール&インド料理 マナカマナで、40オンナ5人+30オンナ1人の忘年会〜!                            
この店を選んだのは、飲み食べ放題でクーポン表示なら3500円→3200円だったから。                              
この年になると、食べ放題で元を取るのは難しいけど、飲み放題がセットになっていれば、きっとお得感があるんじゃないかと思ってね。          

12月22日〜飲み食べ放題3200円の忘年会〜                           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
皆さんは、どんなクリスマスを過ごされましたか?              
12月26日〜クリスマス 賑わいのあと〜                           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
今年の年末は、クリスマスパーティーとか忘年会と称して、よ〜飲みましたっ!!!          
フォアグラみたいな肝臓が恐ろしい…。                              

12月27日〜今年の忘年会すべて終了〜                           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                  
出来上がったローストビーフの半分は、ダンナ実家へ年末の挨拶を兼ねて届けます。        
残り半分は、ダンナと2人で今夜の晩ご飯。            
新年に飲むつもりで買った『新酒薩摩宝山 初芋蒸』を開けてしまったっ!               
去年の今頃、あと少ししか一緒に暮らせないかもしれないと覚悟した愛犬ウィリーの命が、今もあることを祝して…師走の夜に乾杯〜♪                                 
働きたくても職を見つけるのが難しい時代に、犬の体調不良ごときで突然自分勝手に教室を休業して、はや1年以上が過ぎました。                                     
何とも贅沢で呑気な決断だったかもしれませんが、ウィリークッキングを立ち上げて10年余り、がむしゃらに頑張り続け、数え切れない生徒さんにお越しいただけるようになり、感謝の気持ちを持ちつつも、体力維持に限界を感じ、膨大な作業をこなすだけのような日々に疑問を感じていた時でもあったので、ウィリークッキングという自宅料理教室を冷静に見つめ直すいいきっかけにもなりました。           
早朝から深夜まで馬車馬のように働きながらも、やりがいを感じていた頃から比べると、老犬介護だけのプー主婦生活は、まるで光の見えない沼底を這いつくばっている感じ。                 
それでも、立ち止まることで得られたものは、想像以上に多かったです。              
「いつもホームページ見てますよ」                                
「ウィリー君の体調心配ですね」                                 
「ウィリー君、元気になって良かったですね」                           
「結婚しました」                                        
「出産しました」                                        
「孫が生まれました」                                      
「今日はウィリーレシピで晩ご飯作りました」                           
「教室の再開を心待ちにしています」                               
こんなにも、私は人脈に恵まれていたんだと、驚くほど沢山のメールやお手紙をいただき、本当に本当に言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです。                            
皆さんと料理を通じて再びお会い出来る日を目標に、もうしばらくは、今しか出来ない事を最優先に考えて暮らしていきたいと思っています。                                
なんだか、ホームページを閉鎖してしまう勢いの文章になってしまいましたが、私にとって生存確認的な趣味でもある、くだらない日記更新はこれからも続けていきますので、暇つぶし程度に読んでいただけると嬉しいです。                                           
新しい年が、心穏やかでありますように…。