ウィリーさんちの晩ご飯トップ             
お茶についての知識は詳しく無いけど、とてもいい香りのする美味しい紅茶でした。       
優雅な気分になれる、そんな感じ〜♪                            
カレー丼でお腹を満たしたら、シンガポール土産にいただいた紅茶を淹れて、昼下がりの映画鑑賞の始まり。           
なんとまぁ、自堕落な過ごし方なんでしょう…いい加減働きたいわ。     
番外編!ウィリーの平日ひとりランチ。              
冷蔵庫にある食材だけで適当に、カレー丼を作りましょう。     
ダシ・醤油・ミリンを入れた鍋に生姜・玉ネギ・豚こま切れ・薄揚げを加えて加熱して、トマトペースト・カレー粉を加えて、水溶き片栗粉でとろみをつけたら、ご飯の上にたっぷりとかけて青ネギを散らして出来上がり。     
この店の夜メニューも結構オススメです。                 
牛スジ煮込みとおろし天ぷら蕎麦を注文したんですが、ナンダカナァ…。            
じーっと何もせずに家に引きこもっていたい気分の一日。                     
ダンナの晩ご飯が必要ならば、重い腰を上げて買い物に出掛けるんだけど、今夜は独り飯。      
夕方から焼酎を飲み始め、小腹が空いてきた22時過ぎ…そのまま寝てしまえばいいんでしょうけど、無性に何かを食べたくなって、だけど冷蔵庫には大したモノが見当たらない。              
こんな時は、最後の手段!?出前にするざます。                         
大量のパンフレットの中から選んだ店は小雀弥。                         
大阪市内のコノ辺って、出前天国なのよ〜!                           
個人経営の小さな蕎麦屋・中華料理屋・寿司屋だって、自転車こいで持って来てくれます。      
22時を過ぎてしまうと、チェーン展開しているような店しか営業していないですけどね。      
First Colorで週末ディナー。                               
夫婦でお酒を飲みながら会話を楽しむ時間が大好きです。                       
喋っている内容はどーでもいいくだらない事なんですけどね〜。                    
この店は、独創的なメニューばかりで勉強になります。                        
こんな食材をこんな料理に使うの??と、驚かされることも多いです。                 
店のHPに描かれているオーナーのイラストが、御本人そのまんまなので笑えますよ♪          
番外編!ウィリーさんちの土曜日ランチ。                         
西天満にあるにし富へ〜。                                
ダンナは親子丼と温かい蕎麦の定食、ワタシはカツ玉と温かい蕎麦の定食。          
テーブルの上には梅干しが置いてあって、食べ放題なのも嬉しい♪              
そんな何粒も食べるものじゃないけどね。                         
食後は、緑茶を淹れて薫々堂で買った苺大福と鶯餅を。                
ウチで食べるならば、家庭的な普通の和食が一番美味しく感じます。             
外食で疲れた胃袋がホッとしている感じ。                         
●ホタルイカとワケギの辛子酢味噌                            
●ブリ塩焼き 大根おろしとレモン醤油で                          
●新ジャガと焼き豚の千切り和サラダ                           
●いつもの粕汁                                     
番外編!ウィリーさんちの土曜日ランチ。                  
ダンナお気に入りのグリル光陽へ〜。                   
この店では、名物の牛肉薄焼きしか食べた事が無いので、今日はヘレビーフカツレツにしてみました。                            
何かのテレビ番組で絶賛されていたまつや とり野菜みそ。                   
天満市場に行った時に売っていたので、試しに買ってみる事に〜。                
とりあえずパッケージに書かれている説明どおりに作って、スープを一口飲んでみたら、アリャ?リャリャ??な感じ…好みの問題だと思うけど。                            
結局、薄めたり調味料を足したりして、自分好みの味にアレンジしてしまいました。        
最近のウィリー平日独り晩ご飯は、自炊率高めでございます。                       
無収入なプー主婦が、寿司屋のカウンターで手酌なんぞ、決してやってはいけません〜!           
あぁ…働かざる者食うべからず。                                    
週に数回は『五色寿司』や『双葉寿司』で飲んでいた、あの頃が眩しい。                       
  
今夜は、『ちぢみほうれん草とベーコンしめじのスパゲッティ』です。             
ちぢみほうれん草って、甘くて美味しいですよね〜。                     
麺のボリュームを少なめにして、ちぢみほうれん草はたっぷり使って、気持だけダイエット。   
スーパーマーケットで買った安ワインを飲みながら…。                    
                     
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪3月のウィリーさん家の晩ご飯♪             
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ウィリーの平日独り晩酌 〜セロリメニュー その1〜                   
チャチャチャッと手早く『砂肝とセロリのナンプラー炒め』を作って〜発泡酒飲んで〜焼酎ロック飲んで〜そんな感じの夜。       
料理教室で砂肝の処理を説明した時は、丁寧にきっちりしましたけど、ホルモン臓物系の肉が好きなので、自分が食べる時は必要最低限の処理しかしません。             
コリコリする白い筋も削ぎ落さず、2等分に切って、火通りを
良くするために数ヶ所切り込みを入れて、ザーッと熱湯を回しかけて霜降り。
あとは、ニンニク・唐辛子・油を熱して、砂肝・セロリを加えて手早く炒めて、酒・ナンプラー・塩・黒胡椒で味を調えて、器に盛ってカットレモン・マヨネーズを添えます。     
セロリを白ネギに変えてもいいですし、肝系が苦手なら、豚・鶏・牛でも美味しく出来ますよ〜!                   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ウィリーの平日独り晩酌 〜セロリメニュー その2〜                    
『セロリと砂肝のナンプラー炒め』に引き続き、『セロリ餃子』をつくりましょー。     
セロリの葉っぱの部分も何もかも全部みじん切りにして豚ミンチと混ぜ合わせて、調味料を適当に色々加えて餃子の皮で包んで、あとは普通にパリッと焼くだけ。             
今日はセロリですが、パクチーを刻んだものをどっさり入れた餃子も美味しいです。     
「今晩なに食べる?」                             
「何でもエエで〜」                              
「天満のほうまで歩くのは面倒やしなぁ」                    
「けど、このへん日曜日休みばっかしやし…」                  
こんなやる気の無い会話をした時は、興發樓に行く事が多いです。         
必ずと言っていいほど注文するのは、イカの天ぷらと春巻き。                    
瓶ビール2本と紹興酒ロック2合を飲み干し、終わっていく日曜の夜。