♪6月のウィリーさん家の晩ご飯♪             
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ナマで食べられるよ〜!」と、市場のオッチャンに言われて買ってみた丸ズッキーニだけど、多めに作って小分け保存しておいたボロネーゼソースを使いたかったので、オーブンで焼きました。        
とっても簡単なのに見栄えのするズッキーニ料理の出来上がり〜♪  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
冷凍庫いっぱいに詰まっていたパンの在庫が少なくなってきたので、そろそろまた、ホシノ酵母を起してパン作りしなきゃ。                      
番外編!ダンナの為に作る休日朝ごはん。        
早朝からショートコースを回って、「腹へった〜!」と言いながら帰宅したダンナ。                
彼は「オレも色々大変やねんで〜」と仰いますが、脂ノリノリな男40代、まさに人生の旬を楽しんでいる感じです。 
私の旬は???                    
結婚した20代半ばの頃?               
いや?30代だったかな〜。              
BSで放送されている吉田類の酒場放浪記や、今は終了してしまったけど、サンテレビで放送されていた大田和彦の日本百名居酒屋が大好きです。   
番組を見ながら、チビチビと晩酌をするのが結構楽しかったりしてね。              
マニアックだけど、酒飲みな方にはきっと理解してもらえるはず。                
休日の土曜日、まだ明るい夕方4時過ぎ。                                
ダンナと一緒に、夕食の食材を買うため天満市場まで…のつもりだったのに、市場にたどり着くまでの間にあるディープゾーンの誘惑に引っかかってしまいました。                            
「軽く引っかけて行こっか?」                                     
串天ぷらを肴にビールを飲をみながら、店内のテレビで放映されている阪神戦を見る。            
まだ早い時間なのに店内は満席、そして阪神が1点入れるごとに、見知らぬ客同士で大盛り上がり〜!     
●ミョウガ生姜風味の胡瓜もずく酢                      
●長ひじきの煮物                              
●水菜と厚揚げの煮びたし                          
●カボチャとレッドオニオンの練り胡麻ルッコラサラダ .            
●塩茹で枝豆                                
●空心菜と豚肉のオイスターソース炒め                    
冷蔵庫にストックしている常備菜をズラーッと並べた、手抜き晩ご飯。             
調理したのは、白ご飯を炊いている間に、モズク酢にミョウガ小口切り・生姜千切り・塩揉みキュウリを和えて、豚肉・椎茸・空心菜のオイスターソース炒めを作っただけ。            
ダンナと愛犬ウィリーが、じゃれあって遊んでいます。           
ダンナが傍にいる時は、ワタシの事を軽く無視するウィリー。        
『@ダンナAウィリーBワタシ』こんな上下関係の図式が、ウィリーの頭の中にあるんでしょうね…きっと。                       
普段世話してるのはワタシなのに、複雑な心境です。            
ボロネーゼソースに使った食材は、ニンニク・玉ネギ・セロリ・人参・牛こま切れ肉・牛ハツ筋肉・ナツメグ・ローリエ・マルサラ酒・トマト水煮・トマトペースト・塩・コショウ・オリーブオイル・バター・パルミジャーノ。    
ズッキーニと牛ハツは、ニンニクとオリーブオイルでソテーして、赤ワイン・バルサミコ・醤油・バター・塩・コショウでソースを作って、玉ネギ・バジル・トマトを混ぜ合わせ、器に盛り付けます。                
プレート盛りにしたのは、                          
●カボチャとレッドオニオンの練り胡麻サラダ                 
●塩茹で枝豆                                
●水菜と厚揚げの煮びたし                          
●長ヒジキの煮物                              
●韓国海苔の一口おにぎり                          
そして、デザートはサクランボ。                       
新地辺りで接待がらみの飲み会があったダンナ。                                 
晩ご飯はいらないと言っていたのに、あまり食べられなかったらしく、「メシなんかある〜?」の電話あり。      
「まともなモンが無いんやったら、ラーメンでも食うて帰るわ」と言われたからにゃ〜、ちゃんとしなきゃね。     
冷蔵庫の常備菜をチマチマと盛り付けて、あともう一品は牛ハツを焼いて。                     
お子様ランチならぬ!?オッサン夜食プレートの出来上がり。                           
見るからに新鮮そうな生牛ハツ(心臓)を塊で購入しました。                  
まずは、筋や膜を削ぎ落しながら掃除をして、塩水と冷水で血抜き。               
あとは、食べやすい大きさにカットしていくだけなんですが、600gほどの塊だったので、150g目安に柵取りをしておきます。                                
刺身でも大丈夫そうな感じなんだけど、表面だけは炙って殺菌しましょ〜!            
ニンニク胡麻油でレアに焼き上げて、軽く塩コショウして、レモンをギューッと。         
焼酎ロックと一緒に食べれば、至福の時ざます。                        
食後のデザートは、                                
昨夜、飲み歩いた帰り道に立ち寄ったコンビニで買った、塩キャラメルプリンをブラックコーヒーと一緒に。                                 
番外編!ウィリーさんちの休日ランチ。                  
サラダも用意せず、パスタだけの手抜きメニューです。           
茄子しめじベーコンのトマトスパゲッティを作って、ペコリーノ・ロマーノを振りかけて。                               
ホルモン好きオンナですから、脂を落としながら香ばしく焼いた肉と一緒に、焼酎ロックをクィーッと愉しみたくなるんです。                           
月に数回定期的にね〜。                               
ホルモンと同じくらい生肉が好物で、必ず注文していたユッケ。             
なのに、例のアノ騒動以来、行きつけのコノ店でも販売を自粛しているそう。       
ちゃんとした新鮮なユッケを提供していた店まで影響を受けるのは悲しいわ。       
食後のデザートは、天神橋筋商店街にある薫々堂で買った『桃大福』を温かい黒豆茶と一緒に                            
朝ご飯みたいな晩ご飯です。                           
何だかんだ言っても、やっぱり和食がいいですね〜。                
今夜の献立は、                                 
●数日前、粕床に漬けておいた豚肉グリル焼き                   
●長芋とろろ卵黄と青紫蘇 めんつゆで                       
●カゴメこくみトマト                              
●もずく酢                                   
●納豆                                     
●イカの塩辛                                  
●野菜いっぱい味噌汁                              
●厚切りベーコンと青紫蘇のドカ盛りトマトスパゲッティ                
●冷蔵庫のありったけ野菜を使ったサラダ                       
雨降りの日は出来るだけ買い物に出掛けず、家にあるものだけで料理したい訳よ…。             
多少見た目やバランスが悪くても、そんなこと気にしませ〜ん!                     
市販のカレールーを使った『オカンカレー』は、ダンナが文句ブチブチ言いまくるので、全くと言っていいほど作らないんですが、サラサラのスープカレーっぽいものは、冷蔵庫の掃除を兼ねて時々作ります。      
ニンニク・生姜・クミンを油で炒めて、玉ネギ・セロリ・カレー用スパイス数種類・厚切りベーコン・トマト水煮・カボチャ・ヒヨコ豆・オクラを加えて、塩で味を調えながら軽く煮たら出来上がり〜♪         
ゴハンにもパンにも合うので、まとめて作っておくと重宝します。                    
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●豚肩ロースと空心菜のタイ調味料炒め                       
●酸っぱくて辛い牛肉スープ(昼の残り)                      
●セロリと千切りキャベツ マヨネーズとナッツのサラダ                
●山盛りのパクチー                            
お昼に作った、酸っぱくて辛い牛肉スープが沢山残っているので、晩ご飯もタイの調味料を使った料理を作りましょ〜!                              
番外編!ウィリーさんちの休日昼ごはん。                           
トム・ヤム風スープには、冷凍保存しているレモングラスの茎を入れて香りを出します。      
生姜・ニンニク・赤唐辛子・セロリ・茄子・しし唐・トマト水煮・牛肉・カレー粉・レモングラス茎・ナンプラー・チリインオイル・レモン果汁。                          
ガパオのご飯は、粘り気の少ないタイの香り米(ジャスミン米)を炊きました。          
パクチーをのせて、目玉焼きをつぶしながら、ごちゃ混ぜにして食べると美味しいですよ〜。    
ニンニク・赤唐辛子・鶏肉・セロリ・ピーマン・バジル・紹興酒・オイスターソース・ナンプラー・シーユーダムワン。                                      
●酸っぱくて辛い牛肉のスープ(トム・ヤム風)           
●鶏肉のバジル炒めご飯(パッ・ガパオ・ガイ)           
●山盛りのパクチー                        
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
番外編!ウィリーの平日ひとりランチ。                
キャベツとアンチョビのスパゲッティを作りましょう。         
こんなにシンプルな食材でも、しっかりとした旨味が出るのは、ガーリックオイルとアンチョビ効果。                      
仕上げに、ペコリーノ・ロマーノをパラパラと振りかけて。       
粉末のペコリーノ、とても便利です。                 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●ホッケの開き                             
●納豆                                 
●トマトと新玉ネギのサラダ                       
●自家製ぬか漬け/人参・胡瓜・ミョウガ                  
●炊きたて白ご飯                             
●温かい黒豆茶                              
番外編!ウィリーさんちの休日朝ごはん。                        
脂がのって美味しそうなホッケを見つけたので、今朝はこれを焼きます。          
炊きたての白ご飯と一緒に食べると、なんとも贅沢な気分〜♪               
一週間程前から、ぬか漬けを作り始めました。                      
自家製のぬか漬けは、好みの漬かり具合に調整出来るので嬉しいです。           
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
翌朝は、白パンにサニーレタス・チキン南蛮・キンピラ・タルタルソースを挟んで、両面を押さえながらグリルで焼いてパニーノにしました。                                
写真を撮る間も無く、ダンナに食べられてしまいましたが、なかなか好評でしたよ〜。          
●チキン南蛮 手作りのタルタルソースで               
●牛蒡と人参のきんぴら                       
●白ネギとニンニクのかき玉スープ                  
残り食材だけで作ったら、何ともまぁ…地味な色合いの料理になりました。         
ウィリークッキングでも数年前に紹介したチキン南蛮は、我が家の定番メニュー。      
タルタルソースも必ず手作りしますが、みじん切りにして入れる具材は、その時によって色々。
毎回、ピクルスとパセリを買い揃えるなんて無駄な事はしません。             
この日のタルタルは、マヨネーズ・レモン果汁・新玉ネギ・ゆで卵・ラッキョウ・ドライバジル。                                          
何でもいいんですよ〜。                                
ラッキョウとドライバジルの代わりに、シバ漬けと青ネギを入れて和風タルタルにしても、美味しいですしね。                                    
チキン南蛮の揚げ衣に使って余った溶き卵は捨てずに、白ネギとニンニクを胡麻油で炒めた中華風のかき玉スープにします。       
食べきれなかったコンキリエは、翌日、私の独り飯となりました…。       
ロングパスタは時間が経つと食べられないですけど、ショートパスタは程良く味が馴染んで、コシが無くてもそれなりに美味しく食べられます。           
ハートランドビールと一緒に〜。                       
食後は、頂き物のTSUMAGARIクッキーとブラックコーヒー。        
今夜のパンは、クランベリーカンパーニュ・ドライトマトとバジルのカンパーニュ・白パン。          
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カンパーニュ生地の混ぜ込み用に買ったゴルゴンゾーラと胡桃。          
何度も焼く事を想定して多めに仕入れ過ぎたので、今夜はコレを使って『ゴルゴンゾーラと胡桃のコンキリエ』を作りましょう。                    
白ワイン・ゴルゴンゾーラ・生クリーム・胡桃・黒胡椒・ペコリーノロマーノ。   
高カロリーなソースですが、美味しいですね〜♪                 
ワインは、ウィリーを連れてドライブ散歩に出掛けた時、江戸堀にあるTAKAMURAに立ち寄って購入したもの。                           
酒好きにはたまらない魅力的なオススメの店!!!                
冷凍庫にストックしている手作りパンを解凍して、あとはイタリア産サラミとサラダ。
短時間で準備出来るシンプルな休日の食卓です。                 
梅雨空の休日。                 
出掛けるのが面倒になるくらい土砂降りなので、今日はウチで料理をしましょう。            
湿気の多い蒸し暑い季節は、タイの調味料を使ったスパイシーな料理が食べたくなります。       
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
番外編!ウィリーさんちの休日昼ごはん。                                
サンケイリビング新聞『歓菜勧菜亭』に掲載されるレシピの試作試食を兼ねたメニュー。           
食材や調味料を少しずつ変えながら、ダンナに意見を聞きながら仕上げます。                
この日の料理は、                                           
●数日前、粕床に漬けておいた鶏肉グリル焼き 柚子胡椒で                         
●しし唐ピーマン薄揚げの焼きびたし                                  
●カボチャを使った試作サラダ                                     
●イカの塩辛                                             
●自家製 茄子古漬け                                          
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
数日前に使った、牛ハツ塊肉の筋の部分を捨てずに保存しておいたので、今夜はコレを牛こま切れ肉と一緒にフードプロセッサーで挽肉にして、ペンネ・ボロネーゼを作りましょう。              
あともう一品は、旬のズッキーニを牛ハツと一緒に組み合わせて、イタリアンっぽく仕上げてみたいと思います。             
それにしても、600gの牛ハツは、食べ応えありますね〜。    
まだあと少し冷凍庫にストックされています。           
丸ズッキーニを2等分に切って、中身をくり抜いて、ボロネーゼソース・くり抜いた中身・パルミジャーノ・塩・黒コショウを混ぜ合わせて、2等分にした丸ズッキーニに詰めて、オリーブオイルを回しかけてパルミジャーノを振ってオーブンへ入れます。             
皮ごと全部食べられるので、口に入れた時、ボヤけた味にならないよう、中に詰めるフィリングは濃いめにしておくのが、美味しく仕上げるコツです。