♪10月のウィリーさん家の晩ご飯♪             
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ウィリーの平日独り晩酌。     
今週は、「極力買物に行かず、冷蔵庫・食品庫にあるストック食材だけで、料理をしよう」と決めて、キッチンの大掃除と共に、食材片付け計画実行中です。              
乾物や冷凍している食材があるにもかかわらず、ついつい無視して新たに食材購入してしまうのよね。     
冷蔵庫・食品庫をザッとチェックして、作れそうなメニューを大まかに考えてみましょ〜。          
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この日の具材は、ロースハム・サニーレタス・キュウリ・卵焼き・マヨネーズ・ブラックペッパー。   
色々工夫した具材よりも、定番っぽいのが好きなダンナ。      
「アスパラガスのブルスケッタソース塗ろうか?」と聞けば、「いや、マヨネーズだけにして」と答える訳よ。              
番外編!ダンナの為に作る朝ごはん。             
まとめて焼いて冷凍しておいた食パンで作ったサンドウィッチを野菜ジュースと一緒に。     
  
●胡桃ツナのパンプキンサラダ サニーレタスにのせて                     
●色んなみじん切り野菜を入れたベーコントマトソースでフリッジ                
外食する予定だったけど、パラパラと雨が降り始めて面倒になり、家にあるもので適当に晩ご飯。         
今夜は、天神橋筋商店街にある万両で焼肉だ〜!!!                 
ダンナが、ロース・カルビ・イチボなどの、真っ当な肉を注文する傍らで、私は、テツ盛り合わせとか胃袋4種盛りとか、グロテスクな臓物系ばかり。                
芋焼酎ロックとホルモンは、最高のマリアージュざます♪                  
2軒目は、ANTENNAへ。                                     
立ち飲み屋じゃなく、スタンディングバーと呼びたくなる、小洒落た雰囲気の店。             
夫婦水入らずで、サクッと大人の会話を楽しめる空間が好き。                      
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前夜に、芋焼酎のボトルを1人で1本空けてしまった私。                      
内臓が悲鳴を上げていそうなので、この夜は可愛らしくビールだけにしておきました。         
と言いながら、大瓶2本飲み干してしまい…反省。                         
禁酒する強い意思が欲しいわ。                                  
●揚げ春巻き ハーフサイズ                    
●ニラレバ炒め                         
●海老玉                            
いつもの中華料理屋で晩ご飯。                            
家の近所にこんな感じの店があると、本当に助かります。                
予約が必要だったりする人気店は、色んな意味で疲れるから…。             
第三の『濃い味』ビールを飲みながら、濃厚な旨味の黒枝豆をつまんで、いい気分になってきたところで、秋刀魚を煮ましょう〜!                                       
秋刀魚は4等分に切って、内臓を取り除いて両面に軽く塩をして、10分ほどおいて水洗いして水気をふき取って、昆布を敷いた鍋に並べて、砂糖・醤油・酢・酒・水・千切り生姜を加えて、落とし蓋をしてコトコト20〜30分ほど煮たら出来上がり。                                 
途中汁気が無くなってきたら、適量の水を足しながら煮ます。                     
皮が剥がれてボロボロになるので、ひっくり返したり動かしたり、絶対にしちゃーダメよっ!!!    
骨まで柔らかくして丸ごと食べたい時は、圧力鍋で20分ほど煮ます。                 
今回は、ストウブを使って調理したかったので、圧力鍋は使いませんでした。              
あともう一品は、実家から持ち帰ったおでんを食べ尽くした後の残り汁と、これまた実家から持ち帰ったチリメンジャコ、彩りに人参なんぞを刻んで入れた炊き込みご飯。                     
リメイク料理とは思えない立派な一品になりましたよ。                        
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ウィリーの平日独り晩ご飯。                              
丹波地方の黒枝豆が出回って来ましたね。                        
枝からハサミで切り離して両端もチョンと切って、ザッと水洗いしたら、すり鉢に入れて塩を擦る様にまぶし付けて約10分放置し、沸騰させた湯に入れて約4分茹でたら、ザルにとって軽く塩を振って、ウチワなどであおぎながら冷まします。                  
番外編!ウィリーさんちの休日ランチ。                       
久し振りに、kitchen coto cotoへ〜。                      
ダンナは洋食ランチで、さつまいものポタージュ/ローストポーク お野菜のグラタン添え/ライス。                                     
私はコトコトランチで、さつまいものポタージュ/サーモンのポワレ 魚介のエキス赤ワインとタルタルの2種ソース/ライス。                         
どちらも、1000円なり〜!                         
  
盛り付けにも一工夫があって、満足度高いです。                   
家の至近距離にあり過ぎて、逆に足が遠のいてしまうけど、夜もサクッと晩ご飯を食べるのに丁度良い店です。                                
●オクラと椎茸の焼きびたし                     
●橿原市今井町で買ったピーナッツ豆腐で冷や奴            
●鶏じゃが                             
●生サンマの塩焼き 大根おろしとスダチを添えて            
9月末の3連休の晩ご飯です。                      
今の時期しか食べられない脂がのった生サンマ。              
調理方法は、一番シンプルな塩焼きが好きです。              
冷凍の生サンマや塩サンマは年中食べられるけど、やっぱり味が全然違いますよね〜。                                 
ウィリーの平日ひとり晩酌。                
刺身盛り合わせと第三のビールで宴の始まり〜♪       
第三のビールを飲み干したら、芋焼酎のロックを。      
「ワン!」としか返事をしてくれない、毛むくじゃらの相棒に話しかけながら、更けていく秋の夜。             
ちなみに…。                       
この夜のDVD鑑賞は、君のためなら千回でも。       
平和だった頃のアフガニスタンに暮らしていた二人の少年が、戦争によって人生を翻弄されていくストーリー。        
心に重く残る映画でした。                 
●茄子とパンチェッタのリングイネピッコロ    
●レタスとセロリのツナサラダ          
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
番外編!ウィリーさんちの休日ランチ。              
相変わらず、色気の欠片も無いドカ盛りです。          
パルミジャーノも、塊のままテーブルに出して、好きなだけ勝手に削ってもらいます。                       
腹ペコなダンナに、こじんまりとした盛り付けは無用!      
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夜の散歩を楽しみながら、天神橋筋6丁目辺りまで歩きましょう。              
今夜は、萬作で乾杯〜♪                                 
地元客で賑わう店のようで、安くて美味しかったですよ。                  
やっぱり、私の焼鳥お気に入り店は、家の近くにある飛鳥ですけどね。           
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
相席状態の長テーブルの向かいには、シマウマのように穏やかそうな女性がお1人様で食事中。              
店内は音楽も流れておらず、シャクシャクと野菜を噛砕く音までもが丸聞こえ〜♪                    
この日の最高気温は25℃超えの夏日、そしてエアコン無し…冷え症とは無縁の暑がりな私にはサウナ状態。        
一応、季節は10月半ばだし、秋っぽい服装で、熱い中国茶に中華粥を食べりゃ〜、そりゃ〜アンタ、下品なくらい汗が噴き出る訳よ。                                                     
隣にいるダンナに「暑い〜!暑過ぎるわ〜!」と、一応小声で叫んで助けを求めてみたり。                
間違っても、向かいに座っていらっしゃる、涼しげなシマウマ女性に話しかける訳にいかないしね。            
寿司屋のカウンター席のオヤジとは、すぐに飲み友達になれるんだけど…。                       
一度訪れてみたかった店での、とても貴重なランチ体験でした〜♪♪♪                         
番外編!ウィリーさんちの週末ランチ。                            
家の近所にある中国茶館 無茶空茶へ。                             
ダンナは炸醤麺と中華粥+200円の龍水餃で、私は水餃子と中華粥。              
店の前は、よく通り過ぎているんだけど、入るチャンスが無かったと言うか、入る勇気が無かったのよね…。                                           
オヤジ達が集う脂臭い立ち飲み屋なら、1人でも平気で入れるのに、穏やかな雰囲気の店は、どーも苦手で緊張するんです。                                    
なんでやろ?                                        
荒くれモノの肉食メスライオンが、小奇麗な毛艶模様のシマウマやキリンがいるエリアに迷い込んだ感じに近い???   
                                    
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
という訳で、今夜は仙台麩を使ったすき焼き風煮物。          
輪切りにした仙台麩・白菜・椎茸・人参・長ネギをダシ・砂糖・醤油・酒で煮るだけ。            
生卵を絡めて食べようと思ったけど、気が変わって、半熟の落とし卵にしました。              
油で揚げた仙台麩が入れば、肉無しでも、十分満足出来る仕上がりです。 
イカの塩辛と自家製ぬか漬けキュウリも用意して、いただき物の美味しい日本酒をチビリチビリやりながら、独り晩酌の始まり〜♪         
明日の独り晩酌メニューは、ワインと一緒に、キノコのゴルゴンゾーラリゾットとポテトジェノベーゼの予定。                                  
全く買い物に行かなくても、何とかなるものです。                   
番外編!ウィリーさんちの休日昼ご飯。                             
成城石井に立ち寄った時に、目についたので買ってみた平井屋の生ほうとう。        
煮干し・鰹・昆布でしっかりと旨味を感じられるダシをとって、里芋・人参・カボチャ・長ネギ・シメジ・白菜・豚バラ・薄揚げ・ほうとうを火の通りにくい順に煮ていきます。        
仕上げに味噌を溶いて、青ネギを散らしたら、出来上がり〜!                
「カボチャが入った鍋なんて食べへんで…」と、相変わらず文句ブチブチのダンナにも好評で、美味しそうに食べていました。                               
作るのも簡単だし、野菜も大量に食べられて、体が温まるほうとう鍋は、これからの季節にいいですね。