♪12月のウィリーさん家の晩ご飯♪             
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目的の無いドライブをしている途中、ノスタルジックな雰囲気を求めて、東住吉区にある駒川商店街で夕飯の買い物をしてから、阿倍野区に点在するお菓子屋巡り。                        
どんどん開発されていく梅田よりも、こっちのほうが歩いていて楽しい。                
私のなかでは、ちょっとした昭和ブーム。                              
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以前、フライドポテトを注文した時に、塩っ辛かったので、それ以来、この店ではピッツァとワインしか注文しなくなってしまいましたが、今度はパスタや肉料理も食べてみようかな〜。      
Bastone で、サクッと晩ご飯。                        
小洒落たファミレスっぽい雰囲気の店ですが、本格的なナポリピッツァが380円〜食べられます。                                   
今夜は、550円のマルゲリータと一緒に赤ワインをボトルで。           
いつも決まったメニューばかりを注文してしまうので、たまには違うものにしてみようと、『揚げ豆腐の辛子煮込み』を選んだけど、やっぱりいつもの『酢豚』か『トマトと玉子の炒め物』にすればよかった…。                                    
いつもの中華料理屋で晩ご飯。                     
地下にある店なので何となく入り難い雰囲気ですが、リーズナブルでボリュームがあって美味しいオススメのランチ場所です。                         
テレビの影響で、ちょっとしたパニックみたい。                     
もう少し落ち着いてから、訪れると良い店かもしれませんね〜。              
先日、魔法のレストランで南森町特集をやってました。                         
知っている店が多かったけど、「こんな場所にあったっけ?」と思う、知らない店もチラホラ。       
大阪なのに、この辺は意外と少ない、美味しいお好み焼き店。                      
テレビで紹介されていたれんげ亭で晩ご飯。                              
あとは、根菜たっぷりの味噌汁と納豆。      
全卵を入れた納豆は、混ぜ過ぎて泡立ってます。  
地味な晩ご飯だけど、ダンナはこんな感じが一番好きらしいのよね…炊きたての白ご飯と、ダシをちゃんととった味噌汁。                 
食後は、ウィスキーを飲みながら、音楽を聴きながらウラウラと。                  
ディルを使い切りたかったので、刻んでタルタルソースに。                 
今夜は、チキン南蛮を作りましょう。                           
色気の無い盛り方ですが、サニーレタスをたっぷりと添えて。                
「次は1軒目に来て、しっかりお料理いただきます〜」と、外まで見送ってくださったシェフと奥さんに手を振りながら、フラフラ歩いて帰宅。                          
モヤモヤとした中途半端な感じで1軒目の店を出たので、お口直しの2軒目〜♪              
PANE e VINOへ。                                         
イタリアの新酒ノヴェッロを飲みながら、アメーラをつまみ、2種類のパスタを食べ尽くす。        
仕事帰りのダンナと待ち合わせをして、今年の12月末で閉店する完熟とまとへ。        
曽根崎に店があった10数年前に行ったきりで、西天満に移転してからは初めて。        
10数年前の記憶では、料理がとっても美味しい隠れ家といった印象だったのに、今回は何もかもが、「ありゃ?ありゃりゃりゃ??ありゃ〜???」って感じでした。              
店主の方と少しだけお話をしましたが、店を閉める理由は聞けなかったわ…。          
「10貫ほど、適当に握って〜」と、ダンナが握りを注文。                
寿司をつまみながら、さらにもう1本冷酒が空っぽに〜♪                 
小ぶりで繊細な仕事がされた高級寿司店とは違う良さがあります。             
お会計、2人で4500円なり〜安っ!!!                      
今夜は主税寿司で晩ご飯。                             
地元のオッチャン達で店は満席状態です。                      
今夜の突き出しは、タコ酢とイカの煮物。                      
突き出しのボリュームが凄いので、この2品だけで冷酒が空っぽに〜♪         
アテを何か注文しようと、ネタケースを眺めていたら、「これも食べてみてよ!」と、大将がサバ煮をサービスで出してくれたりするから嬉しい訳よ。              
脂ノリノリなサバ煮をいただきながら、冷酒がもう1本空っぽに〜♪          
いただき物のBROTHERSの『ベジフルチョコレート』と一緒に。             
オクラやレンコン、ゴーヤにまでチョコがかかっていて面白いです。              
そして、私は家に戻って、のんびりとコーヒーを。   
店を出たダンナは、慌ただしく職場へ向かいました。
平日ランチメニューは1種類だけ。                              
1000円なのに、いつ行ってもレベルの高い丁寧な味が楽しめます。              
シュクレのパンも美味しいし〜♪                               
週末のランチやディナーは、いつも予約で満席状態。                      
近所過ぎて、わざわざ予約していくのが面倒になるけど、今度は夜に是非!            
外編!ウィリーさんちの平日ランチ。                     
めずらしく、午後出社だったダンナ。                       
家の近所にあるランデヴー デ ザミへ。                      
11:30の開店と同時に入店したら、私達が一番客。               
人気店なので、あっという間に満席になりましたけど。               
今夜のカンパーニュは、仕込み水に赤ワインを加えてみました。              
しっとりとした焼き上がりで、ダンナにも好評。                     
『牛スジの赤ワイン煮込み』を出した日の晩ご飯。                 
●レンコンのアンチョビソテー                         
●牛スジの赤ワイン煮込み                            
●ブロッコリーとプチトマトの玉子ポテトサラダ                 
●レタスとセロリのレモンドレッシングサラダ                  
●カレンズと胡桃の赤ワインカンパーニュ                    
カブは、ぬか床に漬けたばかりなので、食べ頃になるのは数日後。              
なので、今夜のぬか漬けはキュウリだけ。                         
カブの葉の部分は、ざく切りにしてピリ辛味で炒めます。                  
『牛スジ大根煮』を出した日の晩ご飯。                 
●ハマチ刺身                             
●牛スジ大根煮                            
●粕汁                                
●カブの葉炒め                             
●自家製ぬか漬け                           
煮込み時間がかかる牛スジ料理には、2つ持っている圧力鍋が大活躍です。            
コラーゲンたっぷりのスープストックは、保存袋に入れて冷凍。                 
●牛スジの赤ワイン煮込み                                               
牛スジを適当な大きさに切って、水・セロリの葉・黒粒コショウ・ローリエと一緒に圧力鍋に入れて30分ほど加圧。      
その間に、みじん切りにした玉ネギ・人参・セロリをバターとオリーブオイルで、水分を飛ばしながらじっくり炒める。     
牛スジが柔らかくなったら、炒めた玉ネギ・人参・セロリと一緒に鍋に入れて、赤ワイン・トマトピュレ・塩で調味してコトコト煮て、バターで炒めたマッシュルームを加えて、塩・黒コショウ・バターで仕上げ。                      
●牛スジ大根煮                                                  
牛スジを適当な大きさに切って、水・焼酎・生姜・白ネギの青い部分と一緒に圧力鍋に入れて30分ほど加圧。       
その間に、大根は少量の生米と一緒に下茹でして、コンニャクは手でちぎって茹ででアク抜き。              
牛スジが柔らかくなったら、大根・コンニャクを加えて、黒砂糖・醤油・味噌で調味、コトコト煮たら出来上がり。     
『牛スジ大根煮』と『牛スジの赤ワイン煮込み』にしましょう。           
そして、ザルにとって水洗い。      
まずは、たっぷりの沸騰した湯に放り込んで、霜降り。        
さぁ、何を作りましょうか???          
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
番外編!ウィリーさんちの土曜日ランチ。                  
魚貝レストランにしふじへ。                        
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
阪神百貨店の地下を歩いていると、精肉コーナーに群がる人々が…近づいてみると、牛スジの限定販売をやっていました。                               
『お1人様2個限りでおねがしいます』とな。                      
1袋500g入りなので、2人暮らしの我が家は2袋も買う必要ないんだけど、群がる人々で残り少なくなっていく牛スジを見ていると、意味もなく気が焦って、私も思わず2袋お買い上げ。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山田おかき店では、かりんとうを買うつもりだったのに、残念ながら店頭に並んでいませんでした。                                   
太平餅では、あべ川餅を買うつもりだったのに、これまた売り切れで残念。      
太平餅の並びにあるあたりきしゃりき堂で、ドーナッツも買って。          
駒川商店街で調達した食材を使って晩ご飯作り。                       
今夜は、あんこう鍋です。                                 
コラーゲンたっぷりゼラチン質の身がプリップリで、たまらなく美味〜♪            
「腹いっぱいやから、雑炊はエエわ」と、ダンナが言うので、『獺祭』の残りを飲みながら、山田おかき店で買ったおかきをつまむ。                     
ブリー・ド・モーを塗って、黒胡椒をかけて、チーズおかきにして。                       
翌日の朝は、あんこう鍋の残り出汁で雑炊。        
あっさりとした旨味の雑炊には、ポン酢を少しだけ垂らして。           
自家製のカブとキュウリのぬか漬けを一緒に。     
番外編!ウィリーさんちの日曜昼ごはん。                  
じん田で、う巻きと一緒に買った鴨ロース。                
美味しかったけど、想像していた味とは違って、スモークされたハムのような食感の鴨ロースでした。                            
●鴨ロース 青ネギを巻いて 辛子とワサビ添え                      
●実家母から届いた辛子明太子・数の子明太子・いか明太子                
●ダンナ母にもらったジャコ山椒                            
●自家製キュウリとカブのぬか漬け                           
●千切りキャベツ 千鳥酢とマヨネーズ黒胡椒で                      
●納豆                                        
番外編!ウィリーさんちの土曜朝ごはん。                        
天満市場にあるじん田で買ったう巻き、鰻はそんなに入っていなかったけど、500円にしては美味しかったです。                                  
●う巻き                                   
千切りキャベツ 千鳥酢とマヨネーズ黒胡椒で                 
●ダンナ母にもらったジャコ山椒                        
●自家製キュウリとカブのぬか漬け                       
●カブの葉ピリ辛炒め                             
●大根と牛すじ肉のスープ                           
番外編!ウィリーさんちの休日ランチ。    
先日作った『牛すじ肉の赤ワイン煮込み』をソースにしたリングイネ。 
豪快な盛り付け方ざますね…。                         
好きなだけパルミジャーノをすりおろして召し上がれ。              
レタスとプチトマトのサラダにはレモンを絞って、マヨネーズ好きなダンナの為にピャ〜ッとマヨネーズをかけて。                          
食後のデザートは、車で通りすがり目に付いたリビエールで買ったケーキをブラックコーヒーと一緒に。             
ウィリーの平日独り晩酌。                          
ダンナが居ない時は、鍋料理だって思いっきり手抜き。             
もやし・豚肉・青ネギを鍋に入れて日本酒を回しかけたら、フタをして蒸し煮に。
つけダレは、白胡麻とラー油を入れたポン酢。                  
コンビニで買った『七味ポテトチップス』は、止まらなくなる危険な美味しさ。