♪3月のウィリーさん家の晩ご飯♪             
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ウィリーの平日独り晩酌。          
ササミが冷蔵庫に残っているので、塩麹から揚げを作りましょう。              
ササミの筋を取り除いて、縦に2等分して、ビニール袋に入れて塩麹を揉み込んで、冷蔵庫で30分以上おいて、溶き卵をからめて片栗粉をまぶして、中温の油でサクッと揚げたら、器に盛ってカットレモンを〜♪
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今夜は、冷蔵庫の掃除を兼ねたペンネ ボロネーゼ。                       
冷凍保存していた牛ひき肉
、ニンニク・玉ネギ・人参などの香味野菜一緒にセロリの葉の部分やパセリの茎も細かくみじん切りにして、水煮トマトと赤ワインをドボドボーッっと加えて、ナツメグやローリエやドライトマトなどのスパイス類を適当に放り込んで、塩・黒胡椒で味を引き締めます。      

野菜室に1本だけ残っていたナスも、角切りにしてオリーブオイルでソテーして加えました。    
ボロネーゼソースを茹で上がったペンネと絡めて器に盛って、パルミジャーノをたっぷりすりおろしたら出来上がり〜!                                     
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨夜の残り物でチビチビと芋焼酎を。                   
ところで…                               
この鱧ちくわ、めちゃくちゃ美味しかったわ。        
そして、翌日の独り晩酌の光景。                                 
私は疲れを引きずっているのに、老犬ウィリーは呑気な様子で部屋の中を徘徊中。           
●カレイと新ゴボウの煮つけ                
●鱧ちくわと胡瓜 わさびマヨ醤油で             
●月見とろろ       
あと2品作る予定でしたが、ご飯を炊いて、魚を煮て、ちくわを切って、長芋をすりおろすのが精一杯。     
そんな事があって、精神的にグッタリ疲れ果ててしまったので、料理をする気力も消え失せてしまいました。           
私が1時間ほど外出していた間に、老犬ウィリーが大変な事になっておりまして…。  
今は、何事も無かったかのように普通に生きているので、こうやって平和に日記を更新したりも出来ているんですけど、あと数時間帰宅が遅ければ、最悪の状況になっていたかもしれません。                                  
病気による体調不良とかではなく、家庭内事故というやつです。           
若くて元気な時と違って、まぁ〜色んなトラブルが次から次へと発生しますね。    
●帆立貝クリームスープ                            
●カニクリームスープ
                             
●ほうれん草とベーコンのドライトマトスパゲッティ               
●千切り春キャベツとセロリ胡瓜のサラダ                    
●ミディトマト                                
●ブリー・ド・モーと生ハム                          
●カレンズと胡桃のカンパーニュ                        
前もって焼いて冷凍しておいたカレンズと胡桃のカンパーニュを解凍して、生ハムとチーズをプレートに盛って、サラダ用の野菜を切って、パスタを作って、お年玉年賀はがき3等賞品の『ニューオータニ 缶入りスープ』を温めたら出来上がり。         
短時間で準備出来るワインのつまみ。                       
家飲みは、手間がかからないこんな感じが最高〜!                 
●ハタハタの一夜干し                
●具沢山な味噌汁                  
●韓国海苔を巻いたおにぎり              
番外編!ウィリーの休日朝ごはん。                         
具沢山の味噌汁があれば、私はそれだけで十分だけど、ダンナの為に作る時は、あともう一品必要なんですよね〜。                              
「何でもエエで〜」と言いながら、本当にどうでもよさそうな感じの料理を出すと、「コレだけなん?」と文句ブチブチ。                           
今夜の鍋出汁は、表面を焼き付けて霜降りした鶏肉と日本酒で。              
もちろん、出汁に使った鶏肉も食べますが、それとは別に用意したのが、弘豚社で買って来た豚肉。                                         
トリミングでいつもお世話になっているモルモルに愛犬ウィリーを預けたあと、すぐ近くにあるので立ち寄ってみました。                               
豚肉と一緒にミンチカツとコロッケを買ったんですが、カツサンドが美味しい店のようですね。
八百屋のオニイチャンおすすめの野菜、淡路島産オニオンスター。                
甘みが強くてトロトロになって、青い部分は程よく歯ごたえも残っていて。            
玉ネギと青ネギと白ネギの、美味しいトコどりしたようなネギでした。              
また売っていたら、是非買いたいと思います。                   
食後は、阪神百貨店に立ち寄ったときに買った『近江ひら餅 よもぎ餅』を黒豆茶と一緒にいただきます。         
●炒り玉子豆腐 しょうゆとラー油で                   
●ソーセージ                             
●千切り春キャベツ                          
●イカの塩辛                             
●根菜たっぷりの豚汁                         
●たねやの『近江ひら餅よもぎ餅』                   
番外編!ウィリーさんちの休日朝ごはん。                           
昨夜した鍋の残り出汁を使って、根菜をたっぷり入れた豚汁を作りました。            
鍋の残り食材の白菜や椎茸も全部放り込みます。                       
イチゴが大好きな愛犬ウィリー。                     
ダンナにくっついて、欠片をもらっています。               
●肉豆腐なべ                      
●春キャベツとセロリ胡瓜のサラダ            
●塩むすび                       
●イチゴと桜餅 黒豆茶と一緒に              
牛肉よりも、豆腐のほうが多め。         
そして、「糸コンニャク美味しいよなぁ〜」と、2人で頷く。        
肉食夫婦ですが、若い頃に比べると、食べる量は確実に減っています。    
餅麩をわざわざ買っていたのに、入れるのを忘れていました…。            
今夜は、すき焼き?肉豆腐?微妙な感じの鍋料理がメインです。            
番外編!ウィリーさんちの休日ランチ。                        
線香臭い体のまま、梅田のヨドバシカメラへ行き、先日突然壊れたドライヤーを新しく買って、帰りにその辺の店を目的も無く見て歩き、イーマの中にある名家 華中華へ。       
ダンナも私も、1575円の華ランチ。                        
私達は予約無しで行ったので食べ放題じゃなかったけど、予約すると4種類の点心が食べ放題になるみたいですよ〜。                               

真冬に逆戻りしたかのように寒かった春分の日。             
ダンナ家先祖代々の霊が眠る寺で、春の彼岸法要。            
線香の煙に燻されながら、お坊さんに御経をあげてもらう。        
自宅から徒歩10分足らずの場所に墓があるのに、御無沙汰している事を御先祖様に詫びながら、日々穏やかに暮らせている事を感謝して…合掌。    
大した準備も必要ないし、その割に豪華に見えるし、酢飯を一緒に巻かずにアテっぽくして食べてもいいし、ウィリーさんちに手巻きブーム再来かっ???                        
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●下仁田ネギと厚切りベーコンのクリームスパゲッティ                 
●セロリと胡瓜を混ぜた千切りキャベツ レモン果汁とマヨネーズで            
●ミディトマト                                   
●早朝から焼いたプレーンカンパーニュ            
下仁田ネギと厚切りベーコンを使ったクリームソースでスパゲッティ。       
黒胡椒を粗くガリガリ挽いて、パルミジャーノをたっぷりすりおろして。      
早朝から焼いたカンパーニュに、クリームソースをつけて食べると、こりゃまた合いますなぁ〜。                                  
ウィリーの平日独り晩酌。                                
『タンタンの冒険』を全シリーズ借りてみたけど、やっぱりアニメは苦手。          
タンタンとスノーウィは可愛らしくて好きだけど、ストーリーに入り込めないわ。       
カンパチの刺身をつまみながら、芋焼酎ロックを飲んで、『タンタンの冒険』は、バランス悪くて心地良く酔えない。                                   
独りの夜は、超手抜きメニューでチビチビ飲むのよ…。            
ウィリーの平日独り晩酌。                             
●サバの味醂干し                                 
●薄揚げと白ネギの白菜かさね蒸し ポン酢醤油で                   
イチゴの香りと酸っぱさが絶妙な桜色メレンゲ、美味しかったです〜♪              
●豚肉と椎茸の茄子なべしぎ                       
●レタスきゅうりプチトマトのハムポテトサラダ              
●梅干し                                
●青紫蘇ミョウガと生姜の千切り薬味                   
●豆腐となめこの味噌汁                         
●炊きたて白ご飯                            
grueさんの桜色メレンゲ 黒豆茶と一緒に              
番外編!ウィリーさんちの休日昼ごはん。                                  
ダンナは、「どっか外で食べようや〜!」と叫んでいましたが、誘惑に負けずに料理しましたよ。         
冷蔵庫にある食材だけで適当に作ったので、パッとしないメニューですけどね。                 
食後のデザートは、一度食べてみたかった北極のアイスキャンデー。               
難波にある店じゃなく、ほたるまちのピーコックで買いました。                 
本当に素朴な味ですね…。                               
今夜は、豚と牡蠣のキムチチゲ。                            
旨味を出す為に、アサリも入れています。                        
白菜キムチは、発酵が進んだ酸っぱいのをたっぷりと。                  
●赤ワインソースのハンバーグ ベビーリーフ添え                        
●牡蠣のチャウダー(昨夜のチゲで食べ残した牡蠣を使って)                  
●ゴルゴンゾーラと胡桃のカンパーニュ(焼いて冷凍しておいたもの)               
●白ご飯(ダンナだけ)                                  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「うわっ!昨日の残りもんばっかりや〜」と、予想通りのコメントをしてくれたダンナ。        
「うるさーいっ!!!黙って食べろーっ!!!!!」
ホテル ニューオータニの缶入りスープは、お年玉当選年賀はがきのカタログから選んだ3等賞品。   
食べ残しのミラノ風カツレツの肉を細かく切って、サラダの上に散らして、パルミジャーノを削って。  
そして、翌日の土曜朝ごはんも、VIRONのパン。                    
半量は、昨夜買って来てもらってすぐに冷凍したけど、まだ残っています。          
早く食べてしまわないと、カチカチのコチコチになるからね〜。        
      
●ミラノ風カツレツ トマトバジルのバルサミコソース サラダ仕立て             
●ブロッコリーのミモザサラダ                              
●茄子とドライトマトのスパゲッティ                           
●VIRONのパン                                 
パンの師匠に教えてもらって以来、頻繁に作っているミラノ風カツレツ。                   
今夜は、エンダイブとルッコラと一緒に盛り付けて、サラダ仕立てにしてみました。              
天満市場に行ったら、レタス1玉250円なのに、エンダイブ1株150円、ルッコラ1袋70円。       
そりゃー、レタス買わずに、エンダイブとルッコラを買うざんすよ〜!                    
正式な商品名は全く分かりませんが、定番のバゲット1本と一緒に、バゲットに生ハムとチーズを挟んであるのとか、ジャガイモとチーズのフォカッチャっぽいのとか、ノアレザンとか、そんな感じ。    
金曜の夜ごはん。              
文句ブチブチ言いながらダンナが買って来てくれた、VIRONのパンに合うメニューを作って。 
東京帰りのダンナに「VIRONでパン買うてきて〜」とメールをしたら、「雨降ってるから面倒臭い」と返事。                                 
会社から徒歩数分の距離にあるのに、なんでやねん…。                 
もう一度メールしたら、しぶしぶ買って来てくれました。                
食後は、いただき物の『玉や絲や ひなあられ かりんとう』を黒豆茶と一緒に。            
雛祭りはしませんが、今日のお昼は、春を意識したメニューにしてみましょう。            
酢飯に胡瓜・ミョウガ・青ジソ・白胡麻を混ぜ合わせて、鶏と卵のそぼろ・塩茹でインゲン・甘酢生姜を上に散らします。         
汁物は、蛤の澄まし汁じゃなくて、なめこ汁…ヌメヌメの澱み汁。  
昆布・荒削り鰹節・イリコで取った出汁。             
旨味をしっかり引き出すと、少量の味噌でも味が決まります。    
桃の節句ったって、40半ばのオジサンとオバサン、14歳の爺さんワンコ暮らしの我が家には、全く無縁のお祭り。               
私が生まれた時に買ってもらった雛人形は、実家の納戸に置いてある、埃をかぶった箱の中で眠り続けております。                
嫁に行けたし、幸せになったから、もういいのよ…。          
役目を終えた雛人形、ちゃんと供養してあげるべきなんでしょうね。 
番外編!3月3日は桃の節句、土曜日昼ごはん。           
今夜の老犬ウィリーは、とっても元気。                          
私が料理をしている時は、キッチンをウロウロ〜。                     
料理が出来上がったら、テーブルの周りをグルグル〜。                   
ダンナと私が食べている晩ご飯の仲間に、自分も加わりたいんでしょうね。          
他に用意したのは、タコとブラックオリーブのマリネと、生ハム・エンダイブ・ルッコラにピンクペッパーとブラックペッパー散らしたもの、VIRONのバゲット。             
冷凍庫に入れっぱなしになっていたサフランをたっぷりと使った、色鮮やかなパエリア。        
ニンニク・玉ネギ・小海老・アサリ・チョリソー・赤ピーマン・インゲン・ブラックオリーブ。     
レモンを多めに絞って食べるのが好きです。           
土曜日の夜ごはん。                          
今夜は、スペインっぽいメニューにしてみました。       
●胡瓜もずく酢     
●鶏もつ味噌煮込み   
●土鍋ですき焼き    
日曜日の夜ごはん。   
今夜は、土鍋ですき焼き。
定番食材の白ネギ・椎茸・菊菜・糸コンニャク・焼き豆腐と一緒に、蒸したジャガイモ・ゴボウとニンジンのささがきを入れてみました。          
優しい味の手作り味噌          
今回使った味噌は、篠山に住んでいるダンナ母方の伯母が手作りしたもの。           
塩分控えめで、甘みがあって、とても美味しい味噌でした。           
以前、ウィリークッキングでも紹介した『鶏もつ味噌煮込み』を作りましょう。         
いつもは、レバーと砂肝をミックスして使うんだけど、今日は砂肝だけで500g。       
砂肝の下処理は、熱湯にくぐらせて霜降りをして、キッチンバサミで半分に切っておきます。   
本当は、白い筋の部分を削ぎ取ったり、切り込みを入れたりするんですが、自分で食べる時は、そういう面倒な事は一切しません。 
逆に、コリコリ感が残るので、私は好きです。         
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日々の晩酌に欠かせないアテ。 
柿の種やスルメだけでも、美味しく飲めるけど、もう少し何か欲しい訳よ…煮たり焼いたりしたのが。              
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今月も、無意味な外食をせずに、ウチごはんを楽しむように心掛けています。              
この部屋の、このキッ
チンで、ダンナと自分の為に料理をする事。                   
そして、愛犬ウィリーがいる空間で一緒に食事をする事。                       
今しか出来ない贅沢な幸せだと思うので、普通にちゃんとしたい。                   
外食中毒夫婦の毒、かなり抜けてきたんちゃう???                         
酒場を徘徊する自堕落生活に戻ってしまわないよう、これからも地味に頑張ります。           
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「そういえば、手巻き寿司って、新婚の頃に数回したきりやなぁ〜」という話になって、今夜は十数年ぶりに、家で手巻き寿司をしました。            
阪神百貨店の地下で刺身を買って、阪急百貨店で開催中だった『あまから手帖うまいものフェア』で伊勢屋の水茄子を買って、他の食材は近所のスーパーマーケットで揃えて。                                  

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
番外編!ウィリーさんちの土曜日朝ごはん。                         
「漬物とか塩辛でエエから、他に何かおかず無いん?」                    
やっぱり…そう言われると思っておりました。                        
肉や魚は冷凍庫でカチンコチンに凍っているし、漬物も塩辛もありません。           
申し訳ないけど、黙って食べていただきましょう。                      
確かに、あともう一品欲しい感じの手抜き献立でした。                    

●スモークサーモン                             
●トマトとリーフレタスのシンプルサラダ                   
●ペンネ ボロネーゼ                            
●プレーンカンパーニュ                           
●カマンベールチーズとブラックオリーブ
番外編!ウィリーさんちの日曜日昼ごはん。               
●しらす大根おろし レモン醤油で                        
●香味野菜をのせた冷や奴                           
●豚肉しいたけと小松菜のオイスターソース炒め                 
●塩むすび                                  
先週末も手巻き寿司だったけど、今週もやるざます〜♪                
近くを通りかかったので、豊南市場で食材調達しました。               
惣菜店で、ほうれん草の胡麻和えとマカロニサラダも買って。             
喜八洲って、豊南市場にもあるんですね〜。          
味わいのある店構えに吸い寄せられ、思わず、みたらし団子を買ってしまいました。     
喜八洲のみたらし団子、久し振りに食べたけど、やっぱり美味しいですね。          
刺身は夜に食べきってしまいますが、他の食べ残した手巻き寿司の食材は、翌日の朝ご飯にします。                       
酢飯を蒸して、角切りにした具材をのせて。               
番外編!ウィリーさんちの土曜日昼ごはん。                       
昨日、sionちゃんと一緒に食べた餃子の具が大量に残っているので、今日はこれを包んで再び餃子を焼きます。                                  
餃子と白ご飯…微妙な組み合わせですね。                        
●焼き餃子                        
●スナップエンドウ マヨネーズで             
●トマトと玉子の酸辣湯風スープ           
●蒸し鶏と香味野菜のトマトサラダ          
●納豆                       
●なめこ豆腐の味噌汁             
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
塩麹パワーで、ふっくらジューシーな揚げ上がり。                  
あとは、ツナとレッドオニオンを入れたカボチャサラダに、キュウリとトマトを添えて。           
キュウリとトマトが大好物な愛犬ウィリー、テーブルの周りをウロウロ…狙われています。           
番外編!ウィリーの平日ランチ。            
冷蔵庫や食品庫にあるものだけで適当に作るのが、主婦メシの基本。                       
質素倹約な暮らし方をしている風の、そんな自分が好きだったりしてね〜。                    
今日は、ぶっかけスパゲッティ。                               
茹でたスパゲッティの上に、大根おろし・湯通ししたなめこ・小口切りの青ネギとミョウガをのせて、麺つゆを回しかけて、刻み海苔と白ゴマを散らしたら出来上がり。                
食べる時は、好みでレモンを絞りながら、一味でピリッと味を引き締めて。