♪5月のウィリーさん家の晩ご飯♪             
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実家母が育てたスナップエンドウとキヌサヤが大量に届きました。                       
もうそろそろ豆の時期は終わりで、次は夏野菜のトマト・ナス・キュウリの苗を植えたそうです。           
去年の夏は、ゴーヤも育てていましたが、恐ろしく大量に収穫出来て困ったので、今年は植えないみたい。       
育てる事に興味が無く食べるのが専門の私は、安心で美味しい旬野菜をもらえるので嬉しいわ〜。           
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
近所のスーパーマーケットで、今が旬の新鮮なアジを売っていたので、メニューを決めずに衝動買い。        
刺身にするか?なめろうにするか?塩焼きにするか?                              
少し悩んだあと、背開きにしたくなり、背に包丁を入れてパカーッと開きました。                 
ベランダて一夜干しにするつもりが、塩麹をまぶして冷蔵庫で一晩。                    
番外編!ウィリーの平日朝ごはん。      
塩麹アジの開きをグリルで焼いて、おにぎりにして冷凍していた筍ごはんを解凍して、スナップエンドウとキヌサヤの新玉ネギ味噌汁を作って、梅干と納豆も一緒に。             
塩麹アジの開き、身がふっくらしていて美味しかったけど、塩麹をまぶしたあと一夜干しにすれば、もう少し身が締まって旨味が凝縮したかも。 
                  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わさび菜のスパゲッティを食べながら観た映画は『星守る犬』       
泣く気満々で観始めたけど、ラストシーンが想像していた以上に切なくて号泣嗚咽状態。                              
久し振りに声を出して泣いたわ。                    
人間が可哀想なんじゃ無くて犬がね…ハッピーの姿が悲し過ぎて。     
御馳走様でした〜♪              
母が揚げたヒレカツは、ダンナの大好物。                           
決して上等な肉を使っている訳でもないのに、そりぁもう大絶賛。                
私が揚げるヒレカツとは、何かが違うらしい…やっぱり年季の差かしら?             
蒸すのが面倒なので、私は炊飯器でしか赤飯を作りませんが、やっぱり美味しさが違いますね。
蒸し器で作る母の赤飯は、ふっくらしていて美味です。 
木の芽は、枝から外してサッと湯通しして水気をふき取って、小分けしてラップに包んで冷凍保存しておきます。       
田舎の良さは、ご近所付き合いが密なところ。               
自給自足食材の物々交換も活発です。                   
今の時期は、いただき物の筍で台所が賑やか。               
食べきれなくて困っている母が「お願いだから食べて〜」と、ちゃんと下処理を済ませて送ってくれた筍を使って筍ごはん。                
実家の裏庭で育った木の芽も添えて。                   
平日独り晩ご飯。                        
わさび菜と新玉ネギを使ったスパゲッティ。            
旨味出しにベーコンも入れて。                  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
母が送ってくれた、鰯の南蛮漬けと高菜と薄揚げの煮物も、テーブルに並べて。           
●筍と蛍烏賊のスパゲッティ ジェノベーゼ                 
●焼き立て チェダーチーズカンパーニュ                  
●生ハム                                
●千切り春キャベツ レモンとマヨネーズで                 
素麺を流し込んだあとは、ダンナの東京土産うさぎやのどら焼き。               
ネパール料理は辛いものが多いですが、夫婦揃って激辛好きなので、注文の際に「通常より辛くして欲しい」とお願いします。                               
汗が噴き出る辛さに身悶えながら食事をするのが快感〜♪                  
老犬ウィリーの体調が不安定なので、今年のゴールデンウィークは帰れそうにないかもしれない事を母に伝えたら、沢山の手料理を宅配便で届けてくれました。          
結局は、帰省したんですけどね。                          
同封されていたお品書きは、突っ込みどころ満載。                  
1 赤飯                                      
2 いわしの三杯酢に漬けたぶん                           
3 たかなとアゲのたいたぶん                            
4 春菊としめじのあえもの                             
5 きんぴらごぼう(おいしゅうない)                        
6 一口カツ                                    
7 梅ぼし                                     
8 竹の子                                     
9 さんしょ                                    
『いわしの三杯酢に漬けたぶん』って、『いわしの南蛮漬け』やろ?          
『たかなとアゲのたいたぶん』って、岡山弁?京風に言えば『高菜とアゲの炊いたん』やけど。                                       
『きんぴらごぼう(おいしゅうない)』って、美味しくないのに送って来るなんて。   
あぁ、オカンの醍醐味。                              
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
木津市場で購入した食材を使って手巻きずし。                        
「もうエエって」と言われそうなくらい、週末になると巻いています。 
晩ご飯の時間に合わせて焼き上げたチェダーチーズカンパーニュ。               
あとは、母が送ってくれた筍を使ったスパゲッティ。                     
焼き立てのパンって、綿菓子のような勢いで食べてしまうので危険やわ〜。           
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
番外編!ウィリーさんちの休日昼ごはん。                  
暑くなってくると頻繁に食べたくなるのが素麺。               
茹で時間が短いのも嬉しい。                        
本日の素麺は、富山県砺波市の大門素麺。                  
グルグル巻きになっている麺を割って茹でます。               
色んな地方の素麺を食べ比べると面白いですね。               
私のお気に入りは、徳島の半田そうめん。                  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ジャガイモとカリフラワーを炒めた『アル カウリ』が無性に食べたくなって、ネパール料理のカンティプールへ。