・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
番外編!ダンナの為に作る休日ブランチ。        
ビフカツサンドを作ってみたけれと、肉の叩き方が不十分だったのと、火を通し過ぎたので、ちょっと失敗。     
味はそれなりに美味しかったようですが、今度はレアな感じで仕上げてみたいわ。                
ウィリーの平日独り晩酌。              
ビール飲みながら、焼うどんを作って。        
醤油味の焼きうどんって、夏休みの昼に母が作ってくれた懐かしい味。                    
番外編!ウィリーさんちの土曜日昼ごはん。                    
やる気が無いダラ〜ッとした気分の日に重宝していた、近所にある中華料理屋が突然閉店してしまって、ちょっぴりショック。                       
チェーン店の王将とかじゃなく、年季の入った街の中華屋を新たに探しているけど、なかなか良い店が見つからず放浪中。                         
つい先日も、家から徒歩2〜3分の場所にある店でランチを食べてみたけど、何かがちょっと違う。                                   めちゃくちゃ美味しくなくていいから、スッピンで行ける毎日食堂…そんな感じの店が理想なんだけど。                                 
居酒屋だけでサクッと帰るつもりだったのに、もう一軒。              
いつもの、イタリアンのニイチャンがやってる店へ。                
たまたま、カウンターで隣り合って座った同世代のカップルと意気投合して盛り上がり、いつの間にやら本気飲み。                            
楽しいお酒と会話があれば夫婦円満ざます〜♪                   
ポテトサラダ・あぶりいかおろし・とん平焼き・ゴーヤチャンプルーをつまみながら、瓶ビールと芋焼酎ロックを。                              
天神橋筋商店街の2丁目から7丁目までを夕暮れ時に散歩。            
6丁目まではアーケードがあるので、真夏でも太陽を気にせずに歩けます。      
天満市場で食材を買って、家で何か作るつもりだったけど、面倒になって、7丁目にある居酒屋で晩酌。                               
ダンナは『鶏天ぶっかけ大盛』で、私は『ちく玉天ぶっかけ』を。                   
ズルズルガーッと流し込んで、呆気なく終了してしまう、色気の欠片も無い食事。            
番外編!ウィリーさんちの土曜日昼ごはん。                               
カルディで買いたい調味料と食材があったので、NU茶屋町プラスへ。                   
買物を済ませたら、東京で飲み会があって朝帰りのダンナと待ち合わせをして、一緒に昼ごはん。       
たまたま通りすがりにあった釜たけ流 梅田製麺所へ。                           
先日、15才の誕生日を迎えた愛犬ウィリーは、プレゼントにもらった大好物の豚耳を恍惚の表情をして夢中で噛んでます。                                          
一応、北海道産の一切薬品等を使用して無いものを取り寄せましたが、それでも食べてしまうのは、肝臓に負担がかかりそうなので、噛み続けて程良く柔らかくなったら取り上げて、その代わりに、私が焼いたウィリー用のパンの欠片をやります。                                    
御馳走を取り上げるのは、ちょっと可哀想ですけどね〜。                       
デザートは千壽庵吉宗のわらび餅を麦茶と一緒に。               
●ブリカマの塩麹焼き                               
●厚揚げと小松菜の炊いたん                            
●レタスとセロリのサラダ 自家製オニオンドレッシングで               
●茄子と茗荷の味噌汁                               
●自家製キュウリの糠漬け                             
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
旬の時期じゃないけど脂がのっていそうなブリカマが、1切れ150円のお買い得な値段で売られていたので、今夜はブリカマの塩麹焼き。                                 
まず塩水で汚れを洗って水気をふき取って、塩を振って15分ほど置いて、もう一度洗って水気をふき取ったら、日本酒と塩麹で半日ほどマリネ。                              
グリルで、皮に焦げ目がパリッとつくまで焼きます。                        
しっかり旨味もあって身がフワフワで、ダンナ大絶賛でした〜♪                   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
酒豪だった実家父は、毎日欠かさず晩酌をしていたので、子供の頃は、父の為だけに用意される肴がありました。
刺身だったり、酢の物だったり、珍味系だったり。                            
白ご飯と食べる晩ご飯メニューと違って、めちゃくちゃ美味しそうで、食べたくて食べたくて。        
父が酒と肴を味わっている傍で、お行儀よく正座をして、おこぼれを狙う妹と私。              
そうしていると、少しだけ肴を食べさせてもらえる訳です。                        
昭和時代の亭主関白的な家庭の食卓風景。                                
そんな親に育てられた私は酒飲みなので、ダンナの為だけに肴を用意する妻にはなれませんけど。       
そんなイメージで、数品の惣菜をカゴ盛り。                 
作り置きしておいた鶏もつ味噌煮込みとゴーヤチャンプルー。         
あとは、デパ地下で買って来たデリ3品。                  
もし私が男ならば…。                             
「あなた、今日もお仕事お疲れさま」って、浴衣なんぞを粋に着たか細い妻に、冷えたビールをお酌されながら、こんな肴を出してもらいたい。            
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
長い結婚生活の中で、ダンナが料理らしき事をしたのは、片手で足りるほどの回数。     
カップラーメンの湯を沸かす程度はしますが、お茶もコーヒーも自分では淹れません。    
ダンナに家事力を求めないので、別に不満は無いけど、客観的に見れば『男子厨房に入らず』的な時代遅れ男子よね。                                
♪8月のウィリーさん家の晩ご飯♪             
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
阪神百貨店の地下をダンナと歩いていたら、「今日はヒラマサやで〜!こんなん滅多に入らんで〜!!さぁ買うてや〜!!!」と、鮮魚売り場から威勢の良い掛け声が。  
まだ、手巻き寿司ブームが続いている我が家。                  
今夜は、ヒラマサを買って、手巻き寿司に決定です。               
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
妹からもらった白菜キムチを美味しく食べたかったので、桃谷のコリアタウンで新鮮なホルモンを買って来て、テッチャン鍋を作りました。                 
程良く発酵して酸味のあるキムチがいいですね〜。                 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
阪神百貨店の地下で買って来たカツオのたたきに薬味をたっぷりと添えて。           
薬味は、青紫蘇・茗荷・生姜を千切りにして、氷水に晒してシャキッっと。           
2人にしては多いかな?と思っていたのに、臭みの無いカツオだったので、ペロッと完食してしまいました。                                         
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
卵焼き・ツナマヨ・梅肉・納豆・胡瓜・貝割れ菜。   
変わり映えのしないネタばかりです。       
鮮魚売り場のオニイチャンが言っていた通り、ムチムチとした身の美味しいヒラマサでした。      
デザートは、ケーニヒスクローネの杏仁マンゴー。          
●激辛テッチャン鍋                    
●塩むすび                       
●妹の韓国土産 白菜キムチ                
●自家製 ぬか漬け胡瓜
夏休みが始まったばかりの朝。                                
キムタクが出ている『ジャワカレー スパイシーブレンド』のCMを見たダンナから衝撃発言!    
「今日は、オレがカレー作ってやろーか?」と。                        
食材購入のため近所のスーパーマーケットに1人で行き、野菜や肉も全部自分でカットして、市販ルーの箱裏に書いてある作り方通りに…小学生でも出来ることだけど、ダンナにとっては大騒ぎの一大イベント。                                           
私が市販のルーでカレーを作ったら、そりゃもう文句ブチブチで食べないのに、自分で作ると絶品に感じるらしく、「なぁ、ウマイやろ?」と、味についてのコメントを何度も聞いてきてウルサイっ!  

翌日の昼にも、またまたダンナがキッチンに立っておりました。                  
カレーうどんを作るんだと。                                  
そのまま残り物のカレーをうどんにかけるのかと思ったら、ちゃんとダシをとって、醤油や味醂をつかったりして、一応こだわりがあるみたいで、それなりに美味しいカレーうどんになってました。     
慣れない包丁を使ってジャガイモを切っている姿や、ご飯と一緒に盛り付けた出来上がりの写真なども撮っていたのに、何故か消去してしまっているようで見当りません。                 
また数年後にしか見られない光景だったかもしれないのに…残念。                 

●薬味たっぷりの鰹たたき                
●厚揚げと白菜のクタクタ煮               
●鶏もつ味噌煮込み                   
●納豆                         
●自家製ぬか漬け胡瓜                  
五建外良屋の生ういろう 黒豆茶             
ウィリーの平日独り晩ご飯。                         
一切料理をせずに、買って来た惣菜だけで済ませた日。             
ズボラ万歳っ!!!                             
天神橋筋商店街の名物?中村屋のコロッケも一緒にね〜。            
●にぎり盛り合わせ            
●カラフル野菜の白和え          
●中村屋のコロッケ            
ウィリーの平日独り晩酌。                        
数日前、1キロ近くの鶏もつを使って作った味噌煮込みが、冷蔵庫にストックされているので肴には困りません。                     
臓物系の肴って、酒飲みの舌が好む味なんですよね。            
あとは、枝豆を塩茹でにして。