♪9月のウィリーさん家の晩ご飯♪             
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日の晩ご飯はフォー。                            
鶏の手羽先・セロリの葉・香菜の根っこ・ニンニク・生姜・八角でスープをとって、ニョックマム・塩・コショウで調味。                        
スープに使った手羽先はニョックマム・ニンニク・レモンでマリネして、ジャガイモと一緒にオーブンで焼いて。                             
手羽先でスープをとったけど、今回のフォーにのっけるのは、しゃぶしゃぶにした牛薄切り肉。                                     
なので、フォーガーじゃなくてフォーボーかな?                  
もやし・三つ葉・青ネギ・香菜・貝割れ菜もたっぷりと。              
食べる時は、レモンやカボスを好みで絞りながらいただきます。           
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●湯葉寄せ豆腐の冷や奴                 
●海老たまごポテトサラダ                
●自家製ぬか漬け 胡瓜と茄子               
ウィリーの平日独り晩酌。                                 
今宵のDVD鑑賞は、ものすごくうるさくて、ありえないほど近い。              
色んな野菜を漬けてみるけど、やっぱり胡瓜と茄子のぬか漬けが好きです。             
それも、酸味のある古漬けがね。                                
冷蔵庫漬けなので、毎日かき混ぜなくても3〜4日に1度で大丈夫。                
大量にもらった実家母作のジャガイモも、これで終わり。                     
海老・ゆで卵・玉ネギ・ブラックオリーブを入れたポテトサラダにしました。            
マヨネーズは少なめにして、レモン果汁をたっぷり絞って。                    
ダンナと私が出逢ったのが23〜4才の頃で…。                
店主の夢や希望を聞きながら、当時を振り返ってみたり。            
24才だという男前な店主と他愛も無い会話。         
肉で心が満たされた帰り道、立ち飲みバルで軽く2〜3杯。   
先日、店が休みで食べそびれた焼肉。                          
今日はちゃんと予約電話を入れておきました。                      
もう何も言葉は必要ありません…ガッツリ肉を焼いて食べるだけ。             
芋焼酎はボトルで注文して、ホルモンと一緒にロックで。                 
ハチの巣がめちゃくちゃ美味しかった!                         
デザートは、暇つぶしドライブ途中に、南堀江で買って来たケーキとスイカ。             
番外編!ウィリーさんちの休日昼ごはん。                      
「パスタどれくらい食べる〜?」と聞いたら、「めっちゃ食うで〜!」と言う返事が返ってきたので、焼きそばみたいなドカ盛りに。                      
シメジ2株・ナス3本を入れたので、パスタの量は見た目ほど多くないですけどね。   
そして、「トマトソースと醤油味どっちがいいの〜?」と聞いたら、「醤油!」という事なので、今日のお昼は『ナスとシメジベーコンの青紫蘇スパゲッティ』になりました。   
●胡瓜もずく酢                            
●焼き厚揚げと椎茸 大根おろし薬味醤油                 
●鶏じゃが                              
●イカの塩辛                             
●具沢山な粕汁                            
「粕汁飲みたい」とダンナが言うので、今夜は粕汁に合うメニュー。        
あっさり系のおかずばかりを並べましたが、粕汁の中には、旨味出しの豚バラ肉がしっかり入っています。                              
椎茸は、熱した焼き網にカサを裏にして置いて、ヒダの隙間から水分が出てくるまで焼くだけ。                                   
焼いてる間は絶対に触らないでね〜。                      
まだ早いかな?と思っても、ヒダの隙間から水分が出てきたら焼き上がり。     
シコシコとした歯ごたえのある風味の良い焼き椎茸にするポイント。        
胡麻油で焼いた厚揚げと一緒に、大根おろし・生姜・青ネギ・カボスを添えて、醤油と一味でいただきます。                             
●秋刀魚の塩焼き                 
●鶏じゃが                    
●自家製ぬか漬け胡瓜               
●残り物で混ぜ寿司                
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ウィリーの平日独り晩ご飯。                               
先日、ダンナが作ったカレーを冷凍していたので、それを解凍して。             
実家母が漬けたラッキョウも。                              
カレーを食べながら、『素敵な金縛り』をDVDで鑑賞。                  
頂き物の『長濱浪漫ビール』を一緒に。             
今宵は『黒壁スタウト』という銘柄の黒ビール。         
カレーとの相性最高でした。                  
頂き物の『長濱浪漫ビール』を一緒に。                    
今宵は『伊吹バイツェン』という銘柄。                    
どれも美味しかったけど、このビールの喉越しが一番好みです。          
ウィリーの平日独り晩酌。
ウィリーの平日独り晩酌。                               
実家母が育てた立派なカボチャを使い切りたくて、とりあえず1/2コをサラダに。      
これまた実家母が育てたレッドオニオンをスライスしたものと、胡桃やベーコンを入れて、味付けはレモン果汁とマヨネーズで、仕上げに粗挽き黒胡椒をたっぷりと。           
ダンナの為に作る時は、肉や魚を使った主菜っぽい料理があと1〜2品必要だけど、私ひとりの時はこれだけで十分。                             
物足りなければ、柿の種やスルメなんぞをつまんだりして、好き勝手やりたい放題の独り晩酌ブラボ〜〜〜♪                                 
揚げ漬けの他に、里芋・水菜・ベーコンを使ったサラダも作って。            
味噌胡麻マヨネーズで和風味にします。          
こんな感じの惣菜をまとめて作り置きしておくと便利なんですよね。   
実家母が作った立派なカボチャを使い切りたくて、サラダにした残り半分を揚げ漬けにしました。            
カボチャの他に、茄子とオクラも一緒に揚げて。      
漬けダシには、生姜のすりおろしをたっぷりと入れます。  
来週末は、肉食べたい〜っ!!!               
「今日は焼肉にしよう!」と、予約もせずに出掛けたら、お目当ての店は残念ながら休みでした。                        
仕方ないので、焼肉屋のすぐ近くにあるうどん屋でサクッと晩ご飯。   
ダンナは『かしわ天ぶっかけ』で、私は『天ぷら玉子つけ麺』を。    
家に戻って、コーヒーを淹れたらデザートを。            
美味しそうなパッケージだったので買ってみた、マスカルポーネ&マーブルチョコのアイスモナカ。                     
想像していたような濃厚さは無くて、あっさり普通味。        
番外編!ウィリーさんちの土曜ランチ。                            
kitchen coto cotoへ。                                   
ダンナは牛ロースステーキで、私は豚スネ肉のビール煮込み。                  
週替わりのランチは1000円なのに、毎回ハズレが無くて美味しい!             
デザートは葡萄。   
愛犬ウィリーが「ちょーだい!」と寄って来ましたが、犬が葡萄を食べると危険なので、1粒もあげちゃダメよ〜。   
中トロが入った刺身盛り合わせを買ったのですが、値段の割にレベルが高くて新鮮でした。
ダンナと一緒に近所のスーパーマーケットに行ったら、鮮魚売り場で立ち止まり「今日も手巻きでエエで〜」と。                               
いつまで続くのか?手巻きブーム。                         
実家母が作ったジャガイモ。                         
モッチリとした中にホクホク感もあって美味しいわ〜。
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
番外編!ウィリーさんちの休日ランチ。                     
冷蔵庫にあるもので簡単に。                          
冷凍していた『トアロードデリカテッセン』の ソーセージを使って、ソーセージとポテトのスパゲッティジェノベーゼ。                       
これまた冷凍していたチェダーチーズカンパーニュ。               
そして、レタスをちぎってトマトをのせただけのサラダに、頂き物の『生活の木』ハーブドレッシングを。                              
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年初の生秋刀魚。                              
めちゃくちゃ脂がのっていて、よ〜肥えてました。                
熟女ならぬ、熟秋刀魚!                            
いろんな食べ方があるけど、やっぱりシンプルな塩焼きが一番です。        
手巻き寿司をした時に残った寿司飯を冷凍しておいたものを温めて、炒り卵・茗荷・青紫蘇・甘酢生姜・白胡麻で混ぜ寿司に。                     
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●松の実とイカを散らしたセロリレタスサラダ                     
●手羽先とジャガイモのオーブン焼き ニョックマム風味                 
●手羽先スープの牛しゃぶフォー 野菜たっぷり                   
私達夫婦が『イタリアンのニイチャンのところ』と呼んでいるお気に入り店へ行ってみたら、残念ながら休みでした。                           
仕方ないので、以前から気になっていた中華料理屋へ入ってみる事に。        
瓶ビールのあと、紹興酒のロックを。                                    
甕出しのデキャンタにするか?ボトルにするか?悩んだけど、飲み残した時に持ち帰れるのでボトルを注文。    
そしたらね…。                                              
既に開栓されたキャップの無い状態でテーブルに運ばれてきました。                      
何度も使い回ししている瓶なのか?油でギトギトに汚れていて、ダンナも私も絶句。               
ちゃんと新しく栓を開けたものなのかもしれませんが、目の前で開けてくれないと色々疑ってしまいますよね。   
特別期待をして入った店じゃないので、別にいいんだけど〜ちょっと残念な感じ。