♪2月のウィリーさん家の晩ご飯♪      
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●生ハムとソーセージ     
●ウォッシュチーズ      
●キャロットポタージュ    
●ルッコラ・ホワイトセロリ  
  レタスのシンプルサラダ   
●ビゴのパン4種類      
●イチゴとパイナップル
ワインを軽〜く1本空けて、食後は米焼酎のロックでお口直し??  
酔い覚ましのデサートはイチゴとパイナップル。          
ブラックコーヒーを淹れようとしていたら、「凍頂烏龍茶がエエなぁ〜」とダンナが言うので中国茶に変更。               
強いアルコールのせいで嗅覚が麻痺しちゃってるので、繊細な香を楽しむ聞香杯なんて必要なしっ!   
ラスベガスに行った時に買って一度も使っていなかった、クイジナートのハンディプロセッサーで、キャロットポタージュ作り。                             
あとは、サラダの野菜をザクザク切って、ビゴの店でパンと一緒に買ったソーセージをボイルして、冷蔵庫にストックしてあったチーズと生ハムを適当に並べる。              
ワインはガブ飲みしたい気分だったので、ライトボディを選んで・・・ボジョレー・ヴィラージュのモノだけど、もちろんヌーヴォーではありませんっ!!                 
超手抜きの簡単メニューだって、アルコールさえあれば夫婦円満なのよ♪                         
会話が途切れる事もなく、2〜3時間かけてダラダラと食事を楽しむ。                    
愛犬ウィリー君の散歩を兼ねて、ダンナと二人ブラブラ歩きながら、仁川駅前にある『ビゴの店』まで、夕食用のパンを買いに・・・。
●ブリの照り焼き    
●たけのこ土佐煮    
●アサリの味噌汁
今晩の一人ご飯は、一汁二菜の粗食でございます。     
ブリの照り焼きは、フライパンでササッと焼いて、適当に作った合わせダレを絡めて照りをつけたら出来上がり〜っ!   
手抜きでも美味しく仕上げるコツは、甘みとしてハチミツを使うのと、しっかりと濃い照りに仕上げる為に、たまり醤油を入れる事。          
●新牛蒡と桜海老のかき揚げ          
●ふきのとう・みょうが・しし唐の天ぷら    
●カキフライ                 
●こっくり味の鶏と筍おかかまぶし       
●笹身と三つ葉の磯辺和え           
●うどのキンピラ               
●もずく酢                  
●豆腐とワカメの赤だし            
●黒米五穀ごはん               
スーパーの野菜売り場に行くと、春を感じさせる野菜たちが並び始めて、なんだか嬉しい。 
タラの芽・うるい・菜の花・うど等々・・・。       
苦味があったり、ちょっと個性的な風味の野菜が大好きっ! 
番外編!ウィリーさんちのブランチ。                
2月レッスンの試作最終仕上げとして、ダンナに試食してもらう為、気合を入れて休日の朝っぱらから、『新牛蒡と桜海老のかき揚げ』を作る。 
それだけじゃつまらないので、ふきのとう・みょうが・しし唐・カキフライも一緒に揚げる。                        
いゃあ〜、大量の揚げ物のせいで、部屋中に油っこいニオイがムンムン・・・。                              
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ダンナが食べないから滅多に作る事はないんだけど、冷蔵庫の掃除を兼ねて数ヶ月振りのカレー作り。              
「ひとり飯」の為に大量に作って、小分けにして冷凍保存。   
残り物カレーったって、市販のルーは一切使いませんよっ!   
あの、油脂と小麦粉たっぷりのドロドロ感が苦手。       
ストックしてある数種類のスパイスを適当に配合して作るカレーはスパイシーでサラサラ。                   
レッドペッパーとマンゴチャツネをたっぷり入れるので甘くて激辛。                            
ヒーヒー言いながら食べるのがたまらんっ!!
我が家の食卓に『母ちゃん風カレー』が登場することは無い・・・ダンナが異常に嫌がるので。             
ナンとターメリックライスを添えた、ココナッツミルクを入れるエスニックカレーっていうのは別物らしく喜んで食べるのに、ジャパニーズカレーは食べてくれない。         
カレー嫌いという訳ではなさそうなのに何故??      
だけど、カレーって冷蔵庫の残り物全〜部放り込んでも、それなりに美味しく仕上がるからいいのよねーっ。       
●ホワイトフィグ(セミドライ&ドライ)  
●ブルーチーズ数種盛り合わせ     
●活ズワイガニのスパゲッティ
赤ワインをボトルで1本、そしてグラスで数杯・・・。                     
銘柄も色々と説明してもらったんだけど、そんなウンチクは酔っ払いに不必要なのさっ!!     
楽しくて美味しけりゃそれでいい。                              
駅近の店って、ついつい遅くまで居座って飲んじゃうのよねー。                 
仕事帰りのダンナと待ち合わせして晩ご飯。   
二人とも余りお腹が空いていなかったので、新梅田食堂街2Fにある『Le VIN BIEN
』でワインを飲んで軽く済ませることに・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
赤ワインに、ブルーチーズとホワイトフィグの組み合わせが大好き。          
パンの上にのせて、粗びきブラックペッパーをガリガリとふりかけて、パクッ♪     
そして、赤ワインを流し込む・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●鰯と野菜の甘酢マリネ        
●フレッシュ鵞鳥のフォアグラソテー  
 マデラソース            
●フランス・シャラン産鴨胸肉の    
 りんご・アンディーブ        
 ブルーチーズのサラダトリュフ添え  
●北海道産蝦夷鹿シン玉のロースト   
 ポワブラードソース         
●牡蠣のリゾット
まずは、小ざっぱりと鰯のマリネを注文して、軽〜くビールを空けたら、ワインを注文。        
「さぁっ!食べるぞーーーっ!!!」                               
二皿目に食すのはフォアグラソテー・マデラソース。                        
臭みを全く感じない質の高いフォアグラに感激。                          
次は、シェフおすすめのジビエ『北海道のエゾ鹿』をいただく。                   
一口食べれば、もうため息ものでごじゃりますょ・・・。                      
食材の旨味を200%引き出してるのが、これまた絶妙な味のソース。                 
誰も見ていなければ、犬のように皿まで舐めたい気分。                       
鴨肉とブルーチーズのサラダには、別オーダーでトリュフを追加してのっけてもらう。         
こんな贅沢なサラダ、食べたらあかんのちゃうーっ。                        
愛を語り合った??バレンタインディナーの〆には、牡蠣のリゾット。                
心地いいサービスと美味しい料理のおかげで、上機嫌で店を後にしたのでございました。        
「また近いうちに来なきゃね〜、今度はダンナのおごりでっ!!」
今日は2月12日、川西にあるビストロ・クラージュで、ひと足早いバレンタインディナー。               
手作りチョコレートをプレゼントするなんて可愛らしい事が苦手な私。                         
なので、「何でも食べたいモノを注文してね〜♪」と、太っ腹スポンサーになって愛するダンナちゃまを接待。       
ワインと一緒にジビエ料理を堪能してきましたぁ〜。                                 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
毎日ガブ飲みするにはちょっと高めのカゴメ・オールベジ。                 
だけど、『葉果茎根18種類の野菜/食塩無添加/一日分の野菜350g使用』って、こんなコピーをつけられたら、日頃不摂生気味の私は飲まずにいられない。
『パンの小屋』のパン。       
近所にありすぎて、いつでも買いに走れるという安心感から、最近はあまり買わなくなくなったけど、久し振りに食べると、やっぱり美味しい。       
番外篇!ウィリーさんちの朝ご飯。               
気分のいい休日の朝、愛犬ウィリー君の散歩を兼ねて、近所にある『パンの小屋』までパンを買いに出掛ける。            
家に戻ったら、野菜たーっぷりのクラムチャウダーを鍋いっぱいに作る。                             
「私って、めっちゃ健康的できちんと生きてる人みたい」なんて、自分を褒めてやりながらコーヒーを淹れる。            
ダンナと二人分の時はコーヒーメーカーを使って。        
そして、冷蔵庫の中に必ず入っているカゴメのオールベジ。    
毎朝これを飲まなきゃ体がシャキッとしない元気の源。