♪7月のウィリーさん家の晩ご飯♪      
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
色々食べたいので一貫ずつにぎってもらう。                                  
特別仕様で注文した『穴きゅう巻き』にはウニを一緒に巻いて・・・ウマイっ!!                 
五色すしのオヤジさんの寿司にハデさ斬新さは無いけど、素朴でホッとする味なのです。              
あっ、そうそう!                                              
「ウィリークッキングのサイトを見て来ました」と言えば、生ビール一杯サービスしてもらえるそうですよ。
ダンナが泊まりゴルフでいない休日の夜・・・またまた『ひとり五色』でございます。                   
午前午後の2レッスン終了後の生ビールはキクゥーッ!    
そして、前回訪れた時にキープしておいた泡盛を手酌ロックでいただく。                         
今が旬の鱧に始まりゲソの天ぷら、サービスで出してもらった漬物と吸い物。                       
ボトルキープして2度目の来店で1本空けちゃった。     
言われなくてもわかってます・・・飲み過ぎです。      
大蛤の赤だし  
蛸のやわらか煮   
焼き茄子の山かけ   
おまかせにぎり/皮ハギ肝のせにぎり
そんなにお腹は空いていないんだけど、飲みながら軽く何か食べたい夜・・・ふふでダンナと晩酌。         
ズラーッと行儀良く並んだおまかせにぎり。                
「さぁ、どれから食べようか?」   
おまかせにぎりとは別に、皮ハギの肝のせをにぎってもらう。        
「ヴーッ・・・」鼻から息が抜けていくほどウマイっ!!!        
今夜のお酒は、熊笹焼酎『野ざらし』をロックで3杯ほど。         
タイ料理に欠かせないパクチーは、追加で山盛り注文
●タイの生春巻き       
●青パパイヤのサラダ     
●ナマズのカレー炒め     
●タイの焼きそば(パッタイ)
ジメーッと蒸し暑い日にはピリッとスパイシーな料理が食べたくなる。                    
今晩は甲東園にあるタイ料理イサラで。      
「ちょっと珍しいものを食べてみよう!」って事で、ナマズのカレー炒めを注文。               
美味しかったけど、ココナッツ風味のカレーが激辛過ぎて、ナマズの味なんてわからない・・・。        
シンハーやプーケットラガーなど、タイビールを2人で6本空けちゃった・・・。
月に一度はコレを食さなきゃ、私のパワーは維持出来ませぬ!            
そうよ・・・これコレ、これやんっ!!焼肉とビールぅぅぅぅ〜!!!!!      
それも赤身ではなく、内臓系のホルモンが大好物                  
我が家式焼肉オーダーの法則、ダンナはロース・ヘレ・カルビなどの赤身担当で、私はセンマイ・ミノ・しま腸などの臓物担当                       
いきなり白ご飯を注文して焼肉と一緒に食べるダンナ、肉を食べている間はアルコールのみっ!白ご飯なんて邪道と考える私                        
果たしてダンナと私、どっちが本物のオッサンなんやろう??
CMでおなじみの『激安スーパー玉出』を西成で発見!入店初体験    
噂どおり、超が付くほどの激安やったわぁ〜              
本日行った『休日リサーチ』についての総論・・・           
セレブな街・芦屋から、ディープな街・西成まで食べ歩き        
日本の格差社会を身をもって実感したのであります           
名古屋で有名な手羽料理店といえば、『世界の山ちゃん』と『風来坊』だと聞き、関西に唯一の大阪・西成にある『風来坊』へ〜          
んで、肝心の手羽の味はコショウとガーリックパウダーが大量に振りかけられているようで、スナック菓子のような濃い味っ!           
芦屋でランチの後、梅田でダンナのビジネス用スーツ・靴などの買い物を済ませたら、またまた7月レッスンメニューのリサーチでございます        
「色んなモノを食べられて羨ましい〜っ」と仰る方に物申すっ!       
自分の意に反した食事って、時に残酷な拷問と化すものよぉ〜        
チト大げさだけど・・・
番外編!ウィリーさんちの休日ランチは、モンテメール芦屋にある『江戸川』にて   
と言っても、7月レッスンメニューのリサーチですが・・・             
食べたい訳じゃないのに、義務的に食べる『鰻ひつまぶし』             
鰻好きなダンナは大喜びでガッついておりました                  
男の人って、鰻好きが多いですよね
大きな箱にぎっしり詰め込まれた福島県産さくらんぼをいただく。                            
甘酸っぱい贅沢な旬の美味・・・。             
これだけ沢山あると食べ方も大胆になってしまうもの。    
まるで木の実を食べるサルのように無心に食べまくる。    
美味しくいただきましたっ!ありがとうございます。     
午後からのレッスンがない日は、まかないメニューと一緒にビールをグビーッ。                        
ひと仕事終えて昼間に飲む幸せ・・・。            
本日のまかないは、麻婆豆腐ならぬ麻婆厚揚げでございます。  
火を吹きそうな程の激辛に仕上げて、薬味としてパクチーと青ネギをどーっさり!!                      
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「忙しさにかまけて、最近まともな料理をダンナに出してないよなぁ〜」と反省。       
久し振りに愛情を込めて時間をかけて愚妻が作りました。                  
作りながら感じた事・・・「あぁ、愛する人に料理を作る行為って幸せっ♪」なーんてね。   
教室の食材を使い回したメニューばかりだったりして・・・。                 
帰宅時間が遅かったので食べてもらえなかった宝味なす田楽・・・
●蛸と胡瓜の土佐酢和え  
●ゴーヤの白和え     
●宝味なす田楽      
●鰻の炊き込みご飯    
●しじみの吸い物
見た目は地味だけど、吟味した食材を使っているし、調理にもスゴク手間のかかった夜食なのです。            
例えば・・・蛸と胡瓜の土佐酢和え。  
蛸は明石産にこだわり、胡瓜は立塩に15分ほどつけて下ごしらえ。       
土佐酢はダシから丁寧にとって更に追い鰹、仕上げには紅蓼を天盛り。      
さり気なく黙って出したんだけど、一口食べたダンナのコメント・・・「こーゆー和食って、めっちゃウマイわぁ〜!」と、幸せそうに叫んでおりました。