♪9月のウィリーさん家の晩ご飯♪      
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●ウィリー自家製きずし        
●小蕪と塩昆布のサラダ        
●う巻き               
●鯖の塩焼き             
●水茄子と胡瓜のぬか漬け       
●胡麻豆腐の味噌汁        
テーブルでちゃんと食べて欲しかったのに・・・。    
クタクタに疲れ果てて23時過ぎに帰宅のダンナが、和室で食べたいと言うので、床にズラーッと並べて御膳風?ご飯。
今日は週末金曜の夜、『恋するハニカミ』と『探偵ナイトスクープ』を交互に観ながら食べるのがお決まり。     
明日が休みだと思うと、意味もなく楽しい。                 
懐石料理教室で習ったものを真似て、碗ダネに胡麻豆腐を入れてみたりして・・・ネットリとして美味しい      
大雑把な私だけど、愛するダンナちゃまに出す汁物は、どんなに少量でも、ちゃんとダシをとるように心がけているの・・・。       
粉末のインスタントやダシパックは決して使いませんっ!      
『母の味』ならぬ『妻の味』でダンナを洗脳する為。        
「あぁぁーやっぱりウマイ」と、今夜も言わせてみせるわ・・・イッヒヒヒィィィ〜〜っ。       
その他に阪神百貨店で買ったもの・・・う巻き・水茄子と胡瓜のぬか漬け・小蕪の塩昆布サラダ。        
塩を振ってしばらくおき→水洗い→昆布で包んで合わせ酢へ→骨を丁寧に抜いて皮を引く→絶品キズシの出来上がりっ!     
新鮮で脂がのった秋鯖が、これだけで
600円だなんてお買い得っ!   
残り半分は塩焼きに。     
大根おろしとスダチを添えて。
文句言いのダンナが大絶賛してくれたキズシ。           
大根のツマも愛情を込めて包丁でシャキシャキの千切りに。     
梅田・阪神デパ地下の鮮魚コーナー。                                     
私はアノ売り場にいるオニイチャン達の絶叫に近い活気のある売り声が大好きなのぉ〜っ♪             
買う気が無くても、つい立ち寄ってしまう。                                  
「新鮮やでーーっ!!安いでーーっ!!買うてやーーっ!!」と言われ、脂ノリノリの鯖を買っちゃったぁ。
梅田で飲んだ帰り道・・・またまたフラーッと五色すしに立ち寄り、ひとりカウンターに座りチョコッとつまむ。                   
鯛のちり酢にぎりと細巻きウニのっけ、ここに来たら必ず頼む「いつものヤツちょうだい」と・・・。                        
左の写真は出前用に握った寿司らしいけど、オヤジさんが「これも写真撮っといて〜」と言うので、私が食べた訳じゃないけど、とりあえずパチリ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●ハマチと鯛の刺身           
●オクラと山芋の和え物         
●焼き塩鮭               
●スーパーで買ってきたサラダ      
●冷やしフルーツトマト         
●韓国土産のチャンジャ
今夜もウィリーさんちの晩ご飯は、和室で御膳風?に並べていただいています。                            
テレビを観ながら食べたい派のダンナは、ダイニングテーブルで食べるよりもいいんだってぇ〜っ。                   
だらしなくって私は嫌なんだけど・・・。             
頂き物の焼酎、香豊かでたまらない美味しさ。           
ダラダラと飲みながら意味不明な会話で語り合う二人。       
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
少しずつ秋の気配を感じるようになってきたので          
コトコト煮込み料理を作ってオウチdeディナー            
ウィリーさんちの定番メニュー・牛肉の赤ワイン煮込み。                       
小麦粉や市販のデミグラスソースを一切使わないので、自然な旨味・トロミが出て美味しいの。      
今晩の肉は、チョット奮発して阪神デパ地下の飛騨牛600g。                    
赤ワイン煮込みを美味しく仕上げるコツは、やっぱり赤ワイン選び。                  
しっかりとした重みのあるフルボディのものを使うこと。                       
間違っても、軽いライトボディは使っちゃダメよーっ!                        
全然コクが出ないし、見た目の色も薄くて不味そうになっちゃうから。                 
まずは、いただきものの白ワインを冷やして・・・。               
オ・グルニエ・ドールの西原パティシェおすすめの1本だそう。          
ひと口飲んで、その意味を実感出来るバランスのよさ。              
久し振りに美味しい白ワインに出合ったわ。                   
赤ワインは、煮込みに使った銘柄と同じものを・・・。              
当然のことながら、料理との相性は完璧っ!                   
●生ハム&ウォッシュチーズ    
●牛肉の赤ワイン煮込み      
●揚げポテトのサラダ       
●北新地・聖庵のパン2種     
●ピオーネ&豊水         
実りの秋は、果物が美味しい季節。 
葡萄と梨をデザートにいただく。