・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪8月のウィリーさん家の晩ご飯♪             
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
店の前を毎日のように通り、気になっていた『寿司 かい原』へ。           
久々に、常連になりたい店を発見しましたっ!!!                 
ダンナも気に入ったようです。                          
日本酒が美味し過ぎてもぅ…アンタ。                       
テンポよくクィーッと、5合ばかし飲み干してしまいました。            
2人で飲んで食べて、お会計15000円ほど。                  
良心的な価格に感激ざます。                           
この4日後、再訪しました〜♪                           
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ウィリーさんちの晩ご飯トップ             
一軒目は天神橋筋商店街にオープンしたワイン革命 魚屋 八百屋へ。   
お茶感覚で、ビールと数品のアテをいただき、サッサとお会計。     
次の店へ移動です〜!!!                      
ウィリー夫婦出没率が高い焼肉ことぶきへ。              
ダンナは真っ当な赤身系とビール、私はグロテスクな臓物系と芋焼酎ロック。                                 
生まれ変わってもダンナと結婚したならば、今度こそ可愛げのある妻を生涯演じ続けたい。                           
カフェで紅茶とケーキ…そんな感じの女をね。             
今のアタシャにゃー、もう無理だわ。              
夏真っ盛りだもん〜!明日は休みだもん〜!!                    
今夜は睡魔が襲ってくるまで、徹底的に飲み歩こう〜!!!             
三軒目は、ダンナの希望により洛二神でラーメン。        
この辺りで、満腹中枢がやられしまったみたい…。        
次の店行こ〜!!!                    
最後はluv wineで、蒸し暑い夜風の中、酔っ払い達の往来を眺めながら、ワインとピザを〜♪      
こんな週末の過ごし方が、夫婦円満の秘訣だったりして。                    
RICCOというピッツェリアがオープンしたので入ってみましょう。      
1階のカウンター席に座ったのですが、たまたま隣り合った客が吸う煙草の煙が顔にかかる…嫌煙家の私達にとっては最悪な状況。             
そんなこんなで、ちょっと残念な空間でしたが、焼きたてのピザは美味しかったですよ〜♪                               
今月のレッスンで使用しているパクチー。                
好き嫌いが分かれるハーブなので、大量に余る事もしばしば。       
細かく刻んで餃子の具に入れたり、炒飯に入れたり。           
パクチーって、アジアを旅している時の街中に漂う香りなんですよね。   
私は大好きです♪                           
    
今夜のメニューは、こんな感じでした。      
                        
●パクチーの香り焼き餃子            
●マーボー茄子                 
●空心菜と豚肉のナンプラー炒め         
●千切りポテトサラダ フルーツトマト       
番外編!ウィリーさんちの休日ランチ。              
麺料理が大好きなダンナに付き合って情熱うどん 讃州へ。           
ダンナも私も、『ちく玉天ぶっかけ』を注文。  
ダンナは、プラス50円で1.5玉にしていましたけど、私は1玉ざます。             
隣の若いカップルは、プラス100円で2玉にしていましたが、食べきれずに残してましたよ〜。  
コシがある麺なので、1玉でも満足感があります。
日本酒だって、焼酎だって、ワインだって、ビールだって、飲み残すなんて事は皆無に近いんだけど、昨夜は発泡酒をシュプッと開けたまま飲み忘れ。
捨てるのはもったいないので、『豚バラと野菜のビール煮』に使いましょう〜!                               
豚バラ塊肉を大きめにカットして、塩を振ってしばらく置いて、フライパンで表面を焼き付けながら余分な脂をペーパーで吸って、熱湯を回しかけて脂抜き、軽く炒めた野菜やソーセージと一緒に鍋に入れて、発泡酒をドボドボーッと加えて、塩・コショウをしたら、あとは蓋をして煮るだけ。    
食べる時は、粒マスタードを添えて。                 
遅めの時間に肴やに立ち寄ったら、品切れメニューだらけだったので、『肴や風どて焼き』と『冷やしトマト』を赤ワインのハーフボトルでいただき、別の店で飲み直す事に。                 
どこ行く??               
結局やっぱり、居心地の良い馴染みの店に落ち着いてしまいます。            
bar bevitoreへ。      
気だるい感じで淡々と仕事をこなすマスターの雰囲気が好きなんですよね〜。    
一度入ってみたいと思っていた『興發樓』へ。              
天神橋筋2丁目にある庶民的な中華料理屋です。             
ウィリーさんちの普段着食堂として使いたい店発見〜♪。           
化粧もせずに眉毛だけ描いて出掛けられる気軽さが嬉しいのよね。       
少し前に、飲み友と訪れた小好鮨へ。                       
寿司の味が絶品という訳じゃなく、歴史を積み重ねた御夫婦の絶妙なやり取りや、狭い店内の空気がとても素敵だったので、ダンナと一緒に再訪しました。          
薄っぺらなキャリアじゃ醸し出せない素晴らしい雰囲気。   
昭和の匂いが消えていく街…パチンコ屋みたいに騒々しい回転寿司屋ばかりじゃ哀し過ぎます。               
酔い覚ましに、天満方面まで夜の散歩…。             
お腹はいっぱいなんだけど、楽しい気分なので、ワインを少しだけ飲みましょうかぁ〜。     
赤ワインをデキャンタで、ドライトマトとドライフルーツとチーズ盛り合わせと一緒に。     
30分くらいフラフラと歩いて、やっぱりココにたどり着きました。 
犬の帰巣本能みたいなものかしら??