・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
繊細さは無いけど、気取らない感じが何よりも嬉しい。       
ボトルワイン、全銘柄2000円だしね〜♪            
イタリア人オーナーのサルバトーレ氏が、陽気に迎え入れてくれるLa Lanterrnaで晩ご飯。         
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これまた、いただき物のビールで乾杯〜♪               
いただき物の『京都ホテルオークラ 桃李 食べる辣油』を使った中華風のパスタを作って。         
晩秋の夕暮れって物悲しい気分になります…別に理由はないのよ。                
セミが鳴いている真夏の夕暮れだったら、フラーッと何処かの店に立ち寄って独り飲みしても楽しいのにね。                                           
今の時期は、オンナが独り飲んでいる光景は哀れに感じるから、家に引きこもってしまいます。   
食後は、温かい黒豆茶とラフランス。                         
ラフランス好きな愛犬ウィリーが、私の横にくっついて離れません…。         
番外編!ウィリーさんち遅めの休日朝ごはん。                          
主婦って、冷蔵庫や食品庫にあるモノだけで献立を考えるのが得意というか好きなんですよ…賢い節約オンナみたいでね。                                       
他でいっぱい無駄遣いしていても、ソレとコレとは別。                      
粕汁が作れそうな食材と、豚ひき肉・白菜・卵くらいしか入っていない冷蔵庫。           
さてさて、豚ひき肉・白菜・卵で何を作ろう??                         
『中華風ハンバーグと白菜の煮込み』にしましょう〜。                      
白ご飯を炊いて、粕汁を作って、梅干しを小皿に出して、やりくり献立の完成♪           
粕汁にのっける青ネギが無くても気にしません!その代わりに粉山椒をたっぷり振り入れます。    
ラムロースのたたきは、全く臭みが無くてあっさり。                        
ジンギスカンは、ショルダーとチャックロール 2種類の肉を食べ比べしてみましたが、やっぱり臭みの無いチャックロールのほうが断然美味しかったです。                         
愛犬ウィリーに見た目が似ている、モコモコの可愛らしい仔羊の命をいただくなんて残酷ざますね…アーメン。   
お酒を愛し宴会好きな父は、事あるごとに友人知人を呼んで、裏庭で焼肉パーティーを開催しておりました。                                               
ジンギスカンを初めて食べたのは、小学生4年生の夏休みに開催された裏庭の焼肉パーティーで。    
あの当時は、牛肉が高級品だったから、食べ盛りの子供用に羊肉を用意していたのだと思います。    
大人達のテーブルは牛肉で、子供達のテーブルは羊肉で…差別だっ!!!               
ちゃんと舌は覚えておりますよ〜羊より牛のほうが美味しかった事をね。               
だから、ジンギスカンに対して良いイメージは無いのですが、気になる店を見つけたので入ってみましょう。                                               
天神橋一丁目にある仔羊料理 羊小屋。                              
番外編!ウィリーさんちの週末ひるごはん。                       
『お江戸屋台の味』みたいなコピーに惹かれて買った焼きそば麺。             
関西風の麺に比べると、歯ごたえがしっかり残っているような感じでした。         
焼きそばを食べる時は、フライパンのままテーブルに出します。              
そのほうが、鉄板で食べているのと同じで冷めにくくて美味しいから。           
小さめのおにぎりにして冷凍しておくと、ちょっと小腹が空いた時にも便利なんですよね〜。     
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ダンナ両親が鳥取 大山を旅した時に買って来てくれた干し筍と、食品庫に常備してある干し椎茸・細切り昆布・黒胡麻・雑穀米、そして彩りに人参を少しだけ入れて、味付けは北海道 宗谷岬を旅された方からいただいた『こんぶ焼塩』と淡口醤油で。                             
おかずと一緒に食べた時、邪魔にならない程度の薄味に仕上げます。                
旨味と栄養がぎっしり詰まった乾物雑穀ごはん。                         
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
♪11月のウィリーさん家の晩ご飯♪             
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ウチから徒歩5分くらいの場所に、カウンターメインの隠れ家的な店を発見!!!           
客の年齢層も高めで、落ち着いた雰囲気。                             
メニューの品数も豊富で、色んなアレンジを聞いてくれるのも嬉しい。                
週末の飲み場所に困ったら、
フラ〜っと立ち寄ってしまいそう。                  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『地魚握り とっつぁん寿司』が、天神橋筋商店街の中にオープンしたので、一度入ってみましょう。    
オーダーを紙に書いて渡すスタイルは、『地魚屋台 とっつぁん』と同じですね。              
狭い店内を飛び交う、ホール担当の若い女の子達のキンキン声…まるで、部活動の掛け声で盛り上がる放課後の高校グラウンドで寿司を食べている、そんな感じでした。                      
「何処へ行こうか?」なんて考えるのが面倒なので、通りすがりのココでピザを食べながら赤ワインをいただきます。                                           
ピザ生地がムッチムッチで美味しいのですが、日によって焼き加減にムラがあるような気がします。   
パスタの味は、ピザのレベルからしたらチョッと期待外れ…かな。                  
手頃な価格で晩ご飯を楽しむのには便利な店です。                         
2日目は、アラメ煮・パンプキンサラダ・ポタージュスープ。            
他に作ったメニューは、麩チャンプルーだけ。                   
1日目は、アラメ煮とパンプキンサラダをテーブルに出します。                    
その他のメニューは、ダンナ好物のグリル光陽ランチを真似て、牛イチボ肉・モヤシ・ピーマン・ニンニクを塩・黒コショウでジャジャッと炒めたものを大根おろし・青ネギ・一味を入れたポン酢で。        
ダンナ実家からもらった真空パック入り島根県産シジミを使った味噌汁。               
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
時間のある平日の昼間に、いただき物のアラメとカボチャを使って、大量のお惣菜を作りましょう。      
アラメは水で戻して、薄揚げ・鶏肉・人参と一緒にゴマ油で炒めて、ダシ・砂糖・醤油・酒・赤唐辛子を入れて、汁っ気が無くなるまで炒め煮にしたら、仕上げにたっぷりの白すりゴマを振り入れてアラメ煮に〜♪      
1/2玉のカボチャは、種を取り皮を所々残してむいて竹串が通るくらいまで蒸して、カリカリに炒めたベーコン・スライスオニオン・粗く刻んだナッツ・マヨネーズ・レモン果汁・塩・黒コショウと合わせてパンプキンサラダに〜♪                                                 
残り1/2玉のカボチャは皮の部分を全部むいて、玉ネギ・セロリ・人参と一緒に煮て、ハンドミキサーでピュレ状にして、牛乳・塩・コリアンダーパウダーを加えて、ポタージュスープに〜♪                
さぁ、この出来上がった3品を冷蔵庫にストックしておいて、3日間かけて食べ尽くしますよっ!!!     
3日目は、パンプキンサラダとポタージュスープ。                 
他のメニューは、セロリとベーコンのスパゲッティ、午前中から作り始めた焼きたてカンパーニュとチーズ。                               
そして、ボジョレーを一緒に楽しみます。                     
時間がある時にまとめて惣菜を作っておくと便利ですね〜♪          
毎晩同じメニューがテーブルに並んで、ダンナは「またコレかよ…」と、文句ブチブチでしたけど。                             
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今夜もココで、紹興酒ロックを飲みながら、水餃子と牛肉水煮。       
激辛過ぎて味覚が麻痺して、美味しいんだか?何なんだか??訳分からなくなってしまいますが、また食べたくなる味なんですよね〜。           
番外編!ウィリーさんちの週末ランチ。       
大阪駅前第3ビル B2にあるうどん棒へ。      
程良いコシがあって、私好みの麺でした〜♪        
『厳島』でサクッと晩ご飯。                                      
カウンター席に座りたいのですが、いつも満席で、この日もテーブル席でした。               
やっぱり、お好み焼きは熱々の鉄板の上で食べたいわ〜お皿から食べると美味しさ半減します。